技術・商品

大林組/最終処分場向けマット開発/1枚で漏水検知と自己修復機能、低コスト実現 [2018年6月13日3面]

 大林組は12日、廃棄物最終処分場に敷設する遮水シート保護用の新型マットを開発したと発表した。遮水シートの破損箇所を電気で検知する「導電性マット」と、水分に触れると膨張する素材の特性で小さな穴や隙間をふさぐ「自己修復マット」を一体化した。二つの機能を兼ねることで、コストの低減と敷設作業の短縮が可能となる。
 開発したのは「導電性自己修復マット」。粒状ベントナイトを上面の不織布と下面の織布で挟んで...続きを読む

清水建設/高層ホテル建設現場にロボット3機種投入/大阪市で18年秋から稼働 [2018年6月12日3面]

 清水建設は11日、大阪市淀川区で施工中の高層ホテル建設現場に、作業員の代わりに溶接などを行うロボットを投入すると発表した。今秋から稼働させ、性能や効果などを検証する。作業員と連携しながら資材搬送や鉄骨柱溶接、天井ボード貼りといった作業の一部を担う。雨天でも作業可能な全天候カバーや水平スライドクレーンも併用し、次世代型建築生産システムの構築を目指す。現場での検証結果を踏まえ、同システムを19年から...続きを読む

鹿島ら/掘削工事の安全性向上へ新システム開発/タブレット端末に埋設物表示 [2018年6月12日3面]

 鹿島は、ソフトウエア開発を手掛けるウィンクス(鹿児島市、中村正人社長)と共同で、水道管などの地中埋設物を検知するシステムを開発した。施工前に把握した埋設物の位置情報をタブレットの地図に表示し、掘削機械が埋設物に近づくと光と音で作業者に警告。埋設物の破損事故を未然に防ぐとともに工事の手戻りを抑止し、掘削工事を効率化する。
 開発したシステムは、誤差が10センチ程度と高精度なVRS(仮想基準点)方...続きを読む

三井住友建設/斜張橋ケーブル点検ロボット実用化にめど/点検時間短縮を確認 [2018年6月11日3面]

 三井住友建設は8日、斜張橋のケーブル点検に活用するロボットの実用化にめどを付けたと発表した。カメラを搭載した撮影ユニットがケーブルを伝って降下しながら表面状態を動画撮影する仕組み。撮影した映像から劣化具合が確認できる。実用化に向けた最終段階として径が大きいケーブルに対応したタイプの開発や撮影ユニットの下降スピードアップ、撮影精度の向上などに取り組む。
 点検ロボットは三井住友建設、茨城工業高等...続きを読む

帝人、秩父ケミカル/透水性舗装シートを共同開発/アスファルト直下に敷設可能 [2018年6月8日3面]

 帝人と秩父ケミカル(東京都千代田区、吉田寿人社長)は、アスファルト直下に施工可能な透水性舗装シート「透水セル(仮称)」=写真=を共同開発した。帝人独自の混合技術で約150度の熱に耐えられる性能と、高い耐久性を実現。透水性舗装の空げき率は87%を確保できる。
 透水セルは、地中に敷設する際に地面を深く掘削する必要がないため、施工・設置が容易で、地下水位の高い場所にも活用できる。一定の品質・強度を...続きを読む

JR東海/軌道状態監視で新技術開発/計測精度向上、保守作業の最適化支援 [2018年6月8日4面]

 JR東海は、東海道新幹線の軌道状態を走行中の営業列車で計測する「軌道状態監視システム」で、計測精度などを向上させた新システムの実用化に乗りだした。汎用(はんよう)センサー類を組み合わせ、計測項目を追加してより細かく軌道状態を監視するとともに、独自開発の演算プログラムで計測精度の向上を図った。研究・開発費は約3億円。6月から試験車両に搭載した走行試験を開始し、早期の実用化を目指す。
 軌道状態監...続きを読む

安藤ハザマ/座屈拘束ブレース開発/芯材と拘束材一体化、低コストで耐震性能向上 [2018年6月8日3面]

 安藤ハザマは7日、低コストで建物全体の耐震性能を向上させる新しい座屈拘束ブレースを開発したと発表した。コの字形の鋼材にコンクリートを充てんした一組の拘束材で芯材を挟み込み、溶接して一体化する。日本建築総合試験所から最も構造性能が高いBAランクの建築技術性能証明を取得した。建物の設計用地震力を小さくでき、経済的な設計が可能となる。
 開発したのは「安藤ハザマ座屈拘束ブレース(AH-BRB)」。拘...続きを読む

ゼネコン7社/乾燥収縮ひずみ低減コンクリートを実用化/倉庫や工場中心に適用 [2018年6月7日3面]

 安藤ハザマ、熊谷組、佐藤工業、戸田建設、西松建設、フジタ、前田建設の7社が共同開発した乾燥による収縮ひずみを低減するコンクリートが実用段階に入った。開発したコンクリートはひずみの低減具合が異なる3タイプを展開。ひび割れのない美観が要求されるコンクリート打ち放し仕上げの躯体や、クラックがない滑らかな床が求められる倉庫、工場などで積極的に提案する。
 7社が16年に開発したコンクリート「フィットク...続きを読む

長岡技科大、新潟県ら/下水施設未利用エネで植物生産/長期・安定供給を実証 [2018年6月6日3面]

 長岡技術科学大学、新潟県、東亜グラウト工業などで構成する研究グループは、下水処理施設で発生する多様な未利用エネルギー・資源を植物生産に長期、安定的に使えることを実証した。新潟市西区の西川浄化センターで4日に開いた研究成果報告会で明らかにした。今後は野菜生産者と連携し、冷熱と温熱、二酸化炭素(CO2)を回収・再利用できる同センターの実証設備で、商業化に向けた研究に入る。
 共同研究は16年にスタ...続きを読む

ピーエス三菱、金沢大学/チタンワイヤセンサー開発/塩害劣化を低コストで検知 [2018年6月5日3面]

 ピーエス三菱と金沢大学の研究グループは4日、RC構造物内部の鉄筋が腐食する塩害劣化を検知できるチタンワイヤセンサーを開発したと発表した。従来型のセンサーよりも小型な上、設置コストが安価で済む。RC構造物の老朽化対策技術として、自社の施工物件を中心に提案する方針。
 新型のセンサーは同社と金沢大が、内閣府の戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)の一環として共同開発した。
 腐食状況は、構...続きを読む

戸田建設/経産省の仮想発電所構築実証事業に参画/エネルギー源の効率化検討へ [2018年6月1日3面]

 戸田建設は、経済産業省が実施する仮想発電所(バーチャル・パワー・プラント=VPP)の構築実証事業に参画する。複数の企業と協力し、電力供給先の施設に分散する太陽光発電や蓄電池といったエネルギーリソースを効率的に管理・制御する仕組みを構築、早期の実用化を目指す。
 同社とともに「エネルギーサービスの多様化に資するVPP実証事業」に参画するのは▽エナリス▽KDDI▽京セラ▽グリムスソーラー-の4社。...続きを読む

竹中工務店/圧電セラミックスで鉄骨階段の振動吸収/昇降時の振動3分の1に [2018年5月31日3面]

 竹中工務店は30日、シート状の圧電セラミックスを使って鉄骨階段の昇降時の振動を3分の1程度まで低減する制振技術を開発したと発表した。階段の振動を両端部に設置した圧電セラミックスの伸縮で吸収する。小型の圧電セラミックスを使うため、従来の制振工法と比較して取り付けが容易な上、工期がかからないなどのメリットがある。
 「SPADA-stairs」は、同社が17年に開発したS造構造物の床制振技術(SP...続きを読む

大成建設/BIM活用の配筋検査システム開発/図面と実施工を正確に比較 [2018年5月31日3面]

 大成建設はBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)を使い設計部門で効率的に配筋検査を行うシステムを開発した。タブレット端末に表示したBIMデータの図面と実際の施工を比較し差異をチェックする。紙の図面を使用する場合よりも正確な比較が可能な上、チェックした箇所や検査時の指摘事項などの履歴が一元管理でき、作業効率性の向上にもつながる。
 「T-BIMInspection」を使った検査フ...続きを読む

不動テトラ/地盤改良船のリニューアル完了/最深90メートルまで砂杭打設 [2018年5月30日1面]

 不動テトラのサンドコンパクション船「ぱいおにあ第30フドウ丸」=写真=のリニューアルが完了した。地盤改良のための砂杭造成装置を3連装備。従来に比べ20メートル深い最深90メートルまで、砂杭が打設できるようになる。作業の効率化や操船性能の向上につながる新機能を搭載。同時に船内の居住環境も改善した。6月から北海道・石狩湾新港の沖合防波堤延伸工事に配備される。=3面に詳しく

鹿島道路/重機ブレーキアシストシステムを開発/人やモノを感知し2段階で自動停止 [2018年5月30日3面]

 鹿島道路はロードローラーなどの舗装用重機のブレーキアシストシステムを開発した。後方に人感センサーを設置し、人や障害物を感知すると自動停止する。二つのブレーキが段階的にかかるため、舗装路面にブレーキ痕が残りにくい。重機メーカーを問わず後付けで搭載でき、レンタルにも対応可能だ。同社の油圧駆動式タイヤローラー、タイヤショベルなど10台に導入済みで、18年度内に導入台数を20台にまで拡大する。
 舗装...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む