工事・計画

森ビル/虎ノ門・麻布台プロ(東京都港区)/7区域に施設群、総延べ86万平米 [2019年8月23日4面]

 ◇都市コミュニティーの未来を切り開く街へ
 森ビルは22日、東京都港区で推進する「虎ノ門・麻布台プロジェクト」の説明会を東京都内で開いた。開発コンセプトは「Modern Urban Village」。事業区域中心に設ける約6000平方メートルの中央広場をはじめとした豊かな緑地に囲まれ、人々が自分らしく生活できる「東京の都市コミュニティーの未来を切り開く街」(辻慎吾社長)を形成する。=1面参照
...続きを読む

JR東日本、野村不/板橋駅板橋口地区再開発(東京都板橋区)/都が施行認可 [2019年8月23日4面]

 東京都は、JR東日本と野村不動産が東京都板橋区のJR板橋駅前で計画する「板橋駅板橋口地区第一種市街地再開発事業」の施行を23日に認可する。両社が個人施行者となり、延べ5・3万平方メートルの複合ビル1棟を整備する。2020年3月の権利変換計画認可、同10月の工事着手、24年12月の竣工を予定している。
 区有地とJR東の所有地を一体開発する。施行地区は板橋1丁目、地区面積約0・4ヘクタール。施設...続きを読む

川崎市/新本庁舎超高層棟新築/事業費470億円に引き上げ、11月に入札再公告 [2019年8月23日5面]

 川崎市は「川崎市新本庁舎超高層棟新築工事」の総事業費(消費税率10%)を再積算し、448億円から470億円に引き上げた。22日の市議会総務委員会に報告した。3月に本体建築工事の一般競争入札(WTO対象)を開札したが不調になり、関連設備工事の入札を取りやめた。建築、電気、空調、衛生、昇降機の各工事に分割し、11月に入札を再公告する予定。落札者決定後に2020年3月の市議会で承認されれば、年度内に契...続きを読む

中部整備局/複数年業務へプロポ導入/コンサル業務での働き方改革を先行実施 [2019年8月23日10面]

 中部地方整備局は、建設コンサルタント等業務の働き方改革の一環として、「複数年にわたる業務へのプロポーザル方式」を導入した。簡易公募型プロポーザルの手続きを進めている「防災情報集約体制検討・システム構築業務」が対象。2カ年継続の業務で、来年度分の業務は随意契約するとともに履行期間は年末までとする。9月6日まで参加表明書と企画提案書を受け付ける。同11日にヒアリングを実施し同25日に特定通知する予定...続きを読む

北九州市/門司港地域複合公共施設基本設計(門司区)/石本建築事務所JVに [2019年8月22日9面]

 北九州市は「門司港地域複合公共施設新築工事基本設計業務」の簡易公募型プロポーザルで最優秀者に石本建築事務所・海渡設計JVを選定した。10月上旬に随意契約を結び業務委託する。
 業務履行期限は2020年7月31日。建設地は門司区清滝2(敷地面積約7800平方メートル)。対象施設は延べ約1万4200平方メートルの複合公共施設と約340台の駐車場。公共施設は庁舎(約8800平方メートル)、蔵書数20...続きを読む

北海道岩見沢市/本庁舎建替/延べ1・1万平米、9月にも入札公告 [2019年8月22日6面]

 北海道岩見沢市は、新市役所本庁舎の実施設計をまとめた。本庁舎はSRC一部S造地下1階地上4階建て延べ1万0719平方メートルの規模で、耐震構造を採用=完成イメージ。概算工事費は79億89百万円と試算した。10月までに契約し、11月に着工するスケジュールを想定。9月中にも入札する見込みで、今月下旬から9月上旬にも公告される見通しだ。
 鳩が丘1の1(敷地面積2万5866平方メートル)に所在する現...続きを読む

東電HD/原発安全対策の取り組み状況公表/福島第2解体工事着手は数年先 [2019年8月21日4面]

 ◇柏崎刈羽にはコンクリ廃材など再利用
 東京電力ホールディングス(HD)は20日、原子力発電所の安全対策の取り組み状況を明らかにした。福島県内の福島第1(大熊町、双葉町)は1、2号機の排気筒の解体工事などを引き続き推進する。福島第2(富岡町、楢葉町)は、廃止の措置計画受理から解体工事の着手まで数年かかるという。柏崎刈羽原子力発電所(新潟県柏崎市、刈羽村)は、放射性物質に汚染されていない廃棄物を...続きを読む

大阪府摂津市/千里丘駅西地区再開発/32階建て住宅棟など、19年度都市計画決定へ [2019年8月20日10面]

 大阪府摂津市は千里丘駅西地区市街地再開発事業(千里丘1)の都市計画案などを公表した。一体的に再開発を促進する地区の面積は約2・3ヘクタールとし、このうち市施行の再開発事業面積は約1・5ヘクタール。JR千里丘駅の西隣に駅前交通広場を設け、広場の西側に広がるI街区に地下1階地上32階建ての超高層マンションや商業・業務施設、自走式駐車場を計画。I街区の北側のII街区にも商業・業務施設を配置する。本年度...続きを読む

西新宿五丁目北地区防災街区整備(東京都新宿区)/特定業務代行は大成建設JV/組合 [2019年8月20日4面]

 東京都新宿区の西新宿五丁目北地区防災街区整備事業組合(佐々一郎理事長)は、建築物の施工などを担当する特定業務代行者に大成建設・五洋建設JVを選定した。2棟の高層ビル(総延べ約13万6000平方メートル)や公共施設などの施工に加え、事業推進に向けた協力や支援などを担う。工事工程は今後調整する。秋ごろの着工、2022年度の全体完成を目指す。
 計画地は西新宿5、6(事業区域面積約2・4ヘクタール)...続きを読む

西宮駅南西地区再開発(兵庫県西宮市)/参加組合員予定者に東急不/準備組合 [2019年8月8日14面]

 東急不動産は7日、兵庫県西宮市のJR西宮駅南西地区市街地再開発準備組合が計画している第1種市街地再開発事業の参加組合員予定者に選定されたと発表した。同社は▽保留床(住宅、店舗など)の取得▽事業計画の提案▽管理・運営計画の提案▽事業推進支援-などの役割を担当する。2020年度の解体開始と25年度の完成を目指す。事業コンサルタントはアール・アイ・エー、事業協力者は竹中工務店が担当。
 JR東海道本...続きを読む

東急電鉄ら/歌舞伎町一丁目地区開発計画(東京都新宿区)着工/22年8月完成めざす [2019年8月6日4面]

 東京急行電鉄と東急レクリエーションは5日、東京都新宿区で「歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿TOKYUMILANO再開発計画)」の建設工事に着手した。ホテルや劇場などを含む高層複合施設を整備する。設計は久米設計・東急設計コンサルタントJV、外装デザインは永山祐子建築設計、施工は清水建設・東急建設JVが担当する。2022年8月31日の完成を予定している。
 建設地は歌舞伎町1の29の1ほか(敷地面...続きを読む

虎ノ門・麻布台地区再開発(東京都港区)が起工/総延べ86万平米/組合 [2019年8月6日1面]

 東京・六本木周辺で総延べ約86万平方メートルの大規模再開発プロジェクトが始動した。東京都港区の虎ノ門・麻布台地区市街地再開発組合(曲谷健一理事長)が計画する再開発ビルの建設工事が始まり、5日に現地で起工式が開かれた。=4面に詳しく
 計画地は外苑東通り(都道319号)や桜田通り(国道1号)に面する虎ノ門5ほか(区域面積8・1ヘクタール)。計7棟のビル群を建設する。2023年3月の完成を目指す。...続きを読む

政府/内閣府新庁舎建設を事業化/国交省有識者会議が「妥当」と評価 [2019年8月5日1面]

 政府は東京・永田町で計画している「内閣府新庁舎」の事業化に着手する。2日に開いた国土交通省の有識者会議で新規事業化を「妥当」と評価された。総事業費は52億円、事業期間は2020~25年度を想定している。PFI導入の検討状況などを踏まえながら、事業化に向けた詳細を詰めていく予定だ。
 2日に社会資本整備審議会(社整審、国交相の諮問機関)建築分科会の官公庁施設部会と事業評価小委員会の合同会議が開か...続きを読む

ホテルオークラ/東京本館建替(東京都港区)が竣工/総延べ18万平米の複合施設に [2019年8月1日4面]

 ホテルオークラが東京都港区で進めていた東京本館建て替え事業で、ラグジュアリーホテルと高規格のオフィスを備える複合施設が7月31日に竣工した。総延べ床面積は約18万平方メートル。設計を大成建設・谷口建築設計研究所・観光企画設計社・日本設計・森村設計・NTTファシリティーズJVが担当。工事監理とコンストラクションマネジメント(CM)は三菱地所設計、施工は大成建設が手掛けた。
 同事業では旧東京本館...続きを読む

白金一丁目東部北地区再開発(東京都港区)/ビル3棟が起工、施工は大林組JV/組合 [2019年7月30日4面]

 東京都港区の白金一丁目東部北地区市街地再開発組合(押見裕司理事長)は8月1日、再開発ビルの建設工事に着手する。設計・監理は梓設計、デザイン監修は光井純アンドアソシエイツ建築設計事務所が担当し、大林組・長谷工コーポレーションJVが施工する。2022年12月の完成を目指す。着工に先駆けて、26日に現地で起工式を開いた。
 事業の計画地は白金1の1000(区域面積約1・7ヘクタール)。東京メトロ・都...続きを読む