工事・計画

積水ハウス、日本生命/赤坂二丁目計画(東京都港区)/22年4月の着工めざす [2021年5月25日4面]

 積水ハウスと日本生命保険は、東京都港区で予定する超高層ビルの開発事業「(仮称)赤坂二丁目計画」の着工時期を、2022年4月で調整している。延べ約7・5万平方メートルのオフィスビルを建設する。24年6月末の完成を目指す。設計は日建設計。施工者は決まっていない。
 計画地は「国際赤坂ビル」跡地の赤坂2の4の5。東京メトロ溜池山王駅に近接する。敷地面積は5988平方メートル。地上部分は大成建設の施工...続きを読む

阪神電鉄、阪神タイガースら/兵庫県尼崎市に2軍本拠地移転/市と基本協定締結 [2021年5月24日8面]

 阪神電気電鉄とプロ野球阪神タイガースは21日、兵庫県尼崎市への2軍本拠地移転に向け、同市と基本協定を締結した。兵庫県西宮市の鳴尾浜球場から阪神本線大物駅近くの小田南公園(尼崎市)に移り、阪神タイガース専用の球場や練習場、選手寮などを整備する。2022年末にも着工し、球団創立90年となる25年2月までのオープンを目指す。

 市が13日、阪神タイガースのファーム施設を小田南公園に誘致することを申...続きを読む

東京・葛飾区/金町駅北口地区一体整備/21、22年度はPPP・PFI可能性調査 [2021年5月24日4面]

 東京・葛飾区はJR常磐線金町駅の北口地区で、駅前広場の再整備や周辺道路の拡幅を一体で進める。2021、22年度は事業実現に向け広場や道路の管理にPPP/PFIが導入できるかどうか調査する。基本設計や歩行者の回遊性調査も行う。5年以内の都市計画決定を見込む。関係者と協議を経て工事に着手。20年以内の事業完了を目指す。事業内容の詳細は6月に公表する。
 調査などの事業費は21年度分で1860万円。...続きを読む

松山市/西部浄化センター下水汚泥固形燃料化DBO/6月に実施方針公表 [2021年5月21日11面]

 松山市は、DBO(設計・建設・運営)方式を採用する「西部浄化センター下水汚泥固形燃料化事業」について、6月にもPFI法に基づく実施方針を公表する。2022年度当初の事業開始を目指している。アドバイザリー業務はニュージェックが担当。
 市では現在、4浄化センター(中央、西部、北部、北条)から排出される約60トン/日の下水汚泥を、堆肥化とセメント化で約15トン/日リサイクルし、残る約45トン/日を...続きを読む

日本国土開発/仙台市にレジャー施設開発/7・5万平米規模、ワーケーション機能導入 [2021年5月21日1面]

 日本国土開発は仙台市に保有する7・5ヘクタールの土地にワーケーション機能を備えたレジャー施設=完成イメージ=を整備する。キャンプ場や温浴施設などで構成。コテージにワーケーション機能を導入する。NTT東日本宮城事業部と連携してローカル5G(第5世代通信規格)も採用。コテージでのパソコンを使った仕事、迷子の探索やクマの検知などに活用する。21年秋のプレオープン、22年春のグランドオープンを予定してい...続きを読む

万博協/会場外駐車場・バス待機場予備設計(大阪市此花区)プロポ公告 [2021年5月21日10面]

 2025年日本国際博覧会協会は、同博覧会(大阪・関西万博)の会場外駐車場(候補地=大阪市此花区舞洲、約24ヘクタール)や、万博会場(同此花区夢洲)に設ける貸し切りバス待機場(約7ヘクタール)と交通ターミナル(約5ヘクタール)の予備設計に着手する。「2025年日本国際博覧会会場外駐車場等予備設計業務」の公募型プロポーザルを20日に公告。提案書を6月14日に受け付け、7月上旬に契約を結ぶ。
 参加...続きを読む

大阪府/万博記念公園駅前活性化事業(吹田市)/最優秀者に三菱商事都市開発JV [2021年5月20日8面]

 大阪府は「万博記念公園駅前周辺地区活性化事業者」の公募型プロポーザルで最優秀提案者を三菱商事都市開発とアンシュッツ・エンターテインメント・グループ(AEG)、関電不動産開発でつくるJVに決めた。日本万国博覧会記念公園(吹田市)の最寄りの同駅周辺に西日本最大級のアリーナ(延べ床面積6万9550平方メートル)や商業・カジュアルホテル棟、ホテル棟、オフィス棟、共同住宅の整備を提案。2023年に着工し、...続きを読む

世界貿易センタービルら/浜松町二丁目4地区開発(東京都港区)/施設規模拡大へ [2021年5月20日4面]

 世界貿易センタービルディング(東京都港区、宮崎親男社長)らは、東京都港区で計画する「浜松町二丁目4地区」開発の事業規模を変更する。周辺で活発化する開発事業の動向や観光拠点の構築などをにらみビルの機能配置を再検討。約200メートルだった超高層ビルの高さを約235メートルにする方針だ。
 同地区(浜松町2、区域面積約3・2ヘクタール)は、2013年3月に都の都市再生特別地区としての都市計画決定を受...続きを読む

東急不/北急箕面萱野駅前上空施設/22年秋に着工、設計は東急設計コンサル [2021年5月19日10面]

 東急不動産は、北大阪急行電鉄(北急)の延伸で設ける箕面萱野駅(西宿1)前の北側交通広場上空の立体利用施設と北急高架下店舗などの整備・運営事業者に大阪府箕面市から4月に選定されたのを受け、同社の提案概要を18日に発表した。広場上空に設ける駅ビルの敷地面積は約2200平方メートルで延べ床面積は約5500平方メートル。高架下店舗の延べ床面積は約900平方メートル。設計は東急設計コンサルタント。施工者は...続きを読む

千葉県松戸市/松戸駅周辺エリア再整備へ/都市再生緊急整備地域指定めざす [2021年5月19日4面]

 千葉県松戸市は、JRと新京成が乗り入れる松戸駅の周辺エリアを再整備するため、民間の再開発を支援する。起爆剤として都市再生緊急整備地域への指定を目指し、地域整備方針案を国に提出した。都心から20キロ圏内という利便性を生かし、東京の衛星都市から「自立した大都市近郊型都市」への飛躍を図る。現状で再開発の具体的な動きはないものの、駅ビルの建設や駅東側の「新拠点ゾーン」整備と合わせ、民間の活力を呼び込みた...続きを読む

中部整備局/国営木曽三川公園整備・管理運営プログラム案/SDGsの視点取り込む [2021年5月18日8面]

 中部地方整備局は、2021~25年度を実施期間とする国営木曽三川公園整備・管理運営プログラム案をまとめた。公園の利用促進と満足度向上を図るため、三派川、中央水郷、河口の3地区で進めている公園整備と管理運営に関する重点事項などを示した。再生可能エネルギーの活用検討やカーボンニュートラル(温室効果ガス排出量の実質ゼロ)への貢献などSDGs(持続可能な開発目標)の考えを新たに取り入れたのが特徴。パブリ...続きを読む

首都圏民鉄主要7社/21年度設備投資計画出そろう/安全対策推進、5社が前年上回る [2021年5月18日4面]

 首都圏の民間鉄道各社の2021年度設備投資計画が出そろった。7社の投資総額は前年度比15・7%増の1747億円。コロナ禍の影響で引き続き各社の経営環境は厳しいものの、ホームドア設置など安全対策を中心に、7社中5社が前年度を上回る投資を計画している。連続立体交差(連立)事業は5社が推進。京浜急行電鉄は泉岳寺~新馬場駅間の工事を本格化する。
 計画を公表したのは▽京王電鉄▽小田急電鉄▽京急電鉄▽西...続きを読む

東急/東急百貨店本店(東京都渋谷区)を建て替えへ/23年春以降に解体着手 [2021年5月17日4面]

 東急は、東京都渋谷区の「東急百貨店本店」を建て替える。2023年春以降に建物の解体工事に着手する。隣接する複合文化施設「Bunkamura」も大規模改修し、一体的に再開発する方針。解体施工者や新たな施設の規模、開業時期などは決まっていない。
 東急百貨店本店の所在地は道玄坂2の24の1。1967年に竣工した。建物はSRC造地下3階地上9階建て(屋上含む)。延べ床面積は公表していない。設計は東急...続きを読む

JR四国/高松駅ビル新築WTO入札公告(高松市)/6月4日まで参加受付 [2021年5月17日13面]

 JR四国は14日、「JR四国高松駅ビル(仮称)新築他工事」(WTO対象)の総合評価方式一般競争入札を公告した。詳細設計・施工一括(DB)方式で行う。場所は高松市浜ノ町8の1。同駅ホーム上部や駅北側、駅西側の駐車場・駐輪場がある所に、商業棟(S造4階建て延べ約9020平方メートル)と駐車場棟(S造地下1階地上4階建て延べ約5450平方メートル)を整備する。基本設計は交建設計(東京都中央区)。入札参...続きを読む

京急電鉄/油壺マリンパーク閉館で再開発検討/三浦半島の滞在拠点再整備など加速 [2021年5月14日4面]

 京浜急行電鉄は、神奈川県の三浦半島で展開しているエリアマネジメントを加速する。老朽化した油壺マリンパーク(三浦市三崎町小網代1082)を9月末で閉館し、大手デベロッパーと共同で跡地を開発する。新たな施設は2025年度に開業する予定。20年5月に閉館した城ケ島京急ホテル(三浦市三崎町城ケ島693)はヒューリックと共同で、高級温泉旅館「ふふ城ケ島」(仮称)として24年度のリニューアルオープンを目指す...続きを読む