企業・経営

IHI/ルーマニアで大型橋梁工事受注/設計・施工一括、中央径間1120m [2018年1月18日1面]

 IHIインフラシステムはイタリアの建設会社アスタルディとJVで、ブレイラ橋(ルーマニア・ブレイラ市)の建設工事をルーマニア道路インフラ公社から設計・施工一括(DB)で受注した。工期は18年1月~21年12月。完成後はルーマニア国内最長、欧州連合(EU)内で3番目の中央径間長を持つ橋梁となる。
 同国での橋梁工事受注はIHIグループとして初めて。海外での長大橋建設の技術力などが高く評され受注に至...続きを読む

応用地質/地質リスク対策を強化へ/4月に専門組織設置、技術開発も加速 [2018年1月17日3面]

 応用地質は、地質リスク対策に関連する事業執行体制を強化する。4月に地盤分野の設計部門「ジオデザインセンター」に地質リスクの把握を専門とする組織を新設。地質や土質、土木設計の各分野から選抜した技術者20~25人を配置する。CIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)を導入し、深層・表層崩壊などの斜面リスク、トンネル分野の地質リスクなどを3次元(3D)で把握。施工前段階でリスクの芽を...続きを読む

ゼネコン各社/ESG経営強化の動き/世界規模で投資増加、中期計画の柱に据える社も [2018年1月16日3面]

 ゼネコン各社の間で、ESG(環境・社会・企業統治)への取り組みを強化する動きが広がっている。ESGに力を入れる企業への投資は世界規模で急増しており、国内外のさまざなステークホルダーと関わりを持つゼネコンにとって、中長期の持続的な成長を目指す上で欠かせない経営指標の一つとなる。18年度にスタートさせる中期経営計画でESGを主要テーマの一つに据える企業も目立つ。
 ESG投資では、投資判断に環境・...続きを読む

オオバ/17年6~11月期決算/受注が好調、民間シフト鮮明に [2018年1月15日3面]

 オオバの業務受注が好調に推移している。11日に発表した17年6~11月期決算によると、連結ベースの受注高は103億13百万円となり、前年同期に比べ27・3%増加した。携帯電話の基地局を積極的に増設しているKDDIなど主要民間取引先に加え、物流関連施設の開発業務の受注も多く、全体を押し上げた。単体受注高の民間比率は47・3%と前年同期の28・5%から大幅に伸び、同社が推進する民間シフトが鮮明になっ...続きを読む

三栄建築設計/ホテル事業に参入/京都市に用地取得、グループ全体の収益増加めざす [2018年1月15日4面]

 三栄建築設計は12日、ホテル事業に参入すると発表した。これまで子会社のシード平和(大阪市淀川区、小池信三社長)を通じてホテル開発を展開していたが、親会社として自ら事業参入することで、子会社とのシナジーによるグループ全体の収益増加を目指す。グループで用地取得から開発計画の策定、設計、建築まで一連の工程を管理。完成後の運営・修繕も担える点を強みに、ホテル事業を新たな成長の柱にする考えだ。
 三栄建...続きを読む

日本アジアグループ/インドネシアで森林保全事業展開へ/植林会社と業務提携 [2018年1月12日3面]

 日本アジアグループ(JAG)は、インドネシアで森林保全事業に乗り出す。森林保全事業は同社の17年度下期事業方針で、太陽光発電などの「グリーンエネルギー」、本業の「空間情報」に続く収益基盤の第3の柱に位置付けられた分野。海外での取り組みは今回が初めて。昨年12月に植林事業などを手掛けるワイエルフォレスト(福岡市博多区、阿久根直人社長)と業務提携し、両社で事業を実施する。
 プロジェクトの対象地は...続きを読む

三菱地所プロパティマネジ/保育所付き事務所展開/東京・丸の内に初弾施設、4月開業 [2018年1月12日1面]

 三菱地所グループの三菱地所プロパティマネジメントは、自社が管理・運営するビルに保育所付きワーキングスペース「コトフィス~こどもとはたらくオフィス~」=配置イメージ=を設置する取り組みを開始した。初弾施設を4月、東京・丸の内の新国際ビルに開業する。テナント企業と就業者に質の高い多角的なサービスを提供する活動の一環。保育所付きワーキングスペースの整備はグループ初という。
 利用対象者は三菱地所プロ...続きを読む

積水ハウス/大阪・御堂筋でホテル開発計画/マリオット日本初上陸ブランド導入 [2018年1月11日4面]

 ◇設計顧問は安藤忠雄氏
 積水ハウスは10日に東京都内で記者会見し、大阪・御堂筋にホテルを開発すると発表した。マリオット・インターナショナルが展開するホテルブランド「Wホテル」を日本に初導入する。両社は同日、開発の調印式を開いた。設計顧問は安藤忠雄氏、設計・監理は日建設計、施工は竹中工務店が担当。9月に準備工事を開始した上で、19年1月の本体着工、20年10~11月ごろの竣工、21年2月の開業...続きを読む

物流デベトップの視点・1/プロロジス・山田御酒社長/BTS型施設開発に重点 [2018年1月11日4面]

 ◇事業性見極め物流適地以外にも光を
 物流不動産のリーディングカンパニーとして施設の開発・運営事業を活発に展開するプロロジス。物流不動産への新規参入が増え始めた数年前から、市場競争の激化を予測。特定テナント向けのBTS型施設開発に重点を置く戦略を取ってきた。昨年は新規着工した大半の案件がBTS型になるなど、差別化戦略が成果として現れ始めている。
 --物流施設開発への取り組み姿勢は。
 「...続きを読む

大手建設コンサル/海外市場開拓へ攻勢/相次ぎ拠点整備、現地M&Aにも本腰 [2018年1月11日3面]

 大手建設コンサルタント各社が、海外建設市場で攻勢を強めている。国内建設市場の縮小を念頭に置き、国内のインフラ需要に依存しない収益基盤の構築を目指している。各社は東南アジアを中心に中核拠点の整備や現地法人の新設、新事務所の開設を急ぐ。発注情報の早期取得などを目的に、現地企業のM&A(企業合併・買収)を本格検討する動きも出ている。
 日水コンの野村喜一社長は「政府開発援助(ODA)案件以外の事業へ...続きを読む

西松建設/ラオスでレンタル工場の運営開始/日系中小企業専用経済特区の工業団地で [2018年1月10日3面]

 西松建設は9日、ラオス南部で開発を進めている工業団地「パクセー・ジャパン日系中小企業専用経済特区」(チャンパサック県パクセー市、開発総面積195ヘクタール)でレンタル工場の運営を開始すると発表した。S造平屋約3000平方メートルの規模で、1区画当たり432平方メートルの全7区画で構成する。一部区画で入居企業が決まっているという。共用食堂棟も併設し、5月の供用開始を予定している。
 同社は15年...続きを読む

建機各社/ICT建機開発が加速/i-Con開始から3年目、制御システムの熟度向上 [2018年1月10日3面]

 国内で建設現場の省人化や災害対応効率化への需要が高まる中、建設機械各社がICT(情報通信技術)の開発・実装を加速している。国土交通省が推進する生産性向上策「i-Construction」も開始から3年目となり、ICT対応建機や制御システムの熟度が向上。大手建設業によるICT施工への対応拡大を背景に、メーカー各社は関連技術・システムのブラッシュアップに注力している。

 「(2021年の)創立1...続きを読む

横河ブリッジHD/システム建築の新工場建設検討/需要増に対応、受注5百億円も視野 [2018年1月9日3面]

 横河ブリッジホールディングス(HD)の事業会社、横河システム建築(千葉県船橋市、大島輝彦社長)が新工場建設を検討していることが明らかになった。大スパンの低層建築物を高品質・低コスト・短工期で施工できる鉄骨構造物のシステム建築事業を展開している。需要増に伴い部材製造の能力増強が必要なことから、設備投資の規模や実施時期などについて、急ピッチで検討している。
 同社が「yess建築」の名称で展開する...続きを読む

コンサル・測量・地質調査業界/働き方改革に本腰/生産性向上と両輪で [2018年1月9日3面]

 建設コンサルタントや測量・地質調査業界で今年、働き方改革と業務効率化に向けた動きが一段と加速する。多くのトップがICT(情報通信技術)、IoT(モノのインターネット)、人工知能(AI)など先端技術を各種業務に積極的に取り入れる生産性向上策と両輪で長時間労働を解消すると表明。若手人材の確保につなげる時短勤務と「利益と品質の両立」を目指し、制度と技術を融合した働き方改革がいよいよ本番を迎える。
 ...続きを読む

戸田建設/ミャンマーで河川横断工事受注/請負金額11億円、圧入ケーソン工法初適用 [2018年1月5日2面]

 戸田建設は4日、ミャンマーの最大都市ヤンゴン市で、上水道整備事業の一環として河川を横断する配管工事を受注したと発表した。発注者はヤンゴン市開発委員会、請負金額は約11億円。17年11月30日に契約を締結した。
 工事名は「ヤンゴン都市圏上水道整備事業 パッケージ3 バゴー川横断配管工事」。川幅約650メートルのバゴー川横断部に全長974メートルの導水管(NS形ダクタイル管=径700ミリ×延長8...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む
DVD 新版 つくる!安全現場の1年
「サイバーセキュリティ月間」の新コンテン...続きを読む
タイムライン―日本の防災対策が変わる
風水害などの防災対策として全国の地方自治...続きを読む