工事・計画

エンビジョンAESCジャパン/茨城県にEV電池工場建設/初期投資500億円 [2021年8月5日1面]

 中国系車載電池大手のエンビジョンAESCジャパン(神奈川県座間市、松本昌一社長兼最高経営責任者〈CEO〉)は、茨城県に国内最大規模の電気自動車(EV)向けリチウムイオン電池工場を建設する。10月に着工し、2024年の量産開始を目指す。設備投資額は初期計画で約500億円、将来的な能力増強も含め計1000億円以上の投資を予定している。
 建設地は県中部にある茨城町の茨城中央工業団地内。敷地面積は約...続きを読む

静岡市/市民文化会館基本計画/21年秋にも策定、整備手法も示す [2021年8月5日10面]

 静岡市は再整備を検討している市民文化会館について今秋をめどに基本計画を取りまとめる考えだ。バリアフリーや耐震補強に加え、ホール仕様の向上や広場の改修などを実施する方針で、再整備の取り組みを全て実施した場合の工事費は約160億円を見込んでいる。民間活力導入など事業手法についても今後、方針を固める。
 市民文化会館(葵区駿府町2)は1978年に開館した。規模はSRC造地下1階地上4階建て延べ約2万...続きを読む

神奈川県鎌倉市/梶原4四丁目用地利活用/アイネットと基本協定締結 [2021年8月5日5面]

 神奈川県鎌倉市は「梶原四丁目用地利活用事業」で情報処理サービスなどを手掛けるアイネットと3日に基本協定を締結した。市有地を40年の貸付期間で有償提供する。同社は既存施設を解体・撤去し、延べ2・3万平方メートル規模の研究施設などを建設する計画。アイネットは8月中にも事業計画書案を策定する。10月ごろに基本契約を締結し、2023年3月ごろの市議会を経て本契約する見通し。既存建物の解体工事は同1月ごろ...続きを読む

日経新聞社、大和ハウス工業/大手前1プロ(大阪市中央区)に着工/施工は竹中工務店 [2021年8月5日4面]

 日本経済新聞社と大和ハウス工業は、大阪市中央区の日経新聞社旧大阪本社跡地で計画する「大阪・大手前一丁目プロジェクト」の新築工事に1日着手した。テレビ局や高級ホテルなどが入る延べ約3・9万平方メートルの複合施設を整備する。設計・施工は竹中工務店。2023年12月末の竣工を目指す。
 計画地は大手前1の1の1ほか(敷地面積4373平方メートル)。京阪電鉄天満橋駅に近接する。建物はS造地下1階地上2...続きを読む

福井県越前市/北陸新幹線越前たけふ駅周辺PPP計画/パートナーに戸田建設 [2021年8月5日14面]

 福井県越前市は2024年春に開業予定の北陸新幹線「越前たけふ駅」周辺の民間開発者となるパートナー企業に戸田建設を選定した。越前市版スマートシティーの実現に向け、官民が連携してまちづくりに取り組む。今月中旬に基本協定を締結し、事業スキームや役割分担、資金調達など具体的な進め方を示す実施計画の作成に着手する。戸田建設は生産・研究開発施設や商業施設などの導入を提案した。
 パートナー企業は「市版スマ...続きを読む

大阪市/工業用水道コンセッション/優先交渉権者に前田建設ら4者グループ [2021年8月4日14面]

 大阪市水道局は3日、コンセッション(公共施設等運営権)方式を導入する「大阪市工業用水道特定運営事業等」の公募型プロポーザルで、前田建設を代表とする企業グループを優先交渉権者に選定したと発表した。民間事業者のノウハウを活用して収益性向上やコスト縮減を図るもので、同グループが提案した「大阪工水モデル」では事業期間中に市が自ら運営する場合と比べ、約32億1000万円の収支改善効果を見込んでいる。
 ...続きを読む

上板橋駅南口駅前東地区再開発(東京都板橋区)/特定業務代行者を大成JVに/組合 [2021年8月3日4面]

 東京都板橋区の「上板橋駅南口駅前東地区市街地再開発組合」は、プロジェクトの特定業務代行者を大成建設・長谷工コーポレーション・越野建設・大成ロテックJVに決めた。総延べ約5万平方メートル規模を計画する再開発ビル群の実施設計と施工を任せる。2022年度に権利変換計画の認可取得を予定。25年度の着工、28年度の竣工を目指す。
 施行区域は上板橋1と2内の約1・7ヘクタールで、東武東上線上板橋駅の南側...続きを読む

九州整備局八代復興/20年7月豪雨被災の球磨川橋梁/4橋の復旧位置決定 [2021年8月3日13面]

 九州地方整備局八代復興事務所は、2020年7月豪雨で被災し権限代行により災害復旧を進めている球磨川流域の道路橋梁10橋のうち4橋の復旧位置を決めた。坂本橋(熊本県八代市)は現橋位置の約150メートル上流、鎌瀬橋(同)は現橋位置の直近の下流側、沖鶴橋(球磨村)は現橋位置でそれぞれ架け替える。西瀬橋(人吉市)は残った橋脚などを生かして復旧する。今後、橋梁形式の検討に入る。
 7月30日に開いた有識...続きを読む

東北整備局鳴瀬川総合開発/漆沢ダム事業計画検討業務/ニュージェックに [2021年8月2日6面]

 東北地方整備局鳴瀬川総合開発事務所は「漆沢ダム事業計画検討業務」の委託先を決める簡易公募型(拡大型)プロポーザルで、ニュージェックを選定した。見積もり合わせを行い、正式契約する。
 宮城県加美町で進めている鳴瀬川総合開発事業の一環で、漆沢ダム再開発として現在の多目的ダムから治水専用ダムに改修。国土交通省が2020年12月に告示した事業全体の基本計画をベースに、漆沢ダムの改修に伴う地質調査結果の...続きを読む

岐阜県白川町/新庁舎建設基本計画策定・基本設計/石本建築事務所に [2021年8月2日7面]

 岐阜県白川町は7月30日、公募型プロポーザルを実施した「白川町庁舎建設基本計画策定および基本設計業務」の契約候補者を石本建築事務所に決めた。提案書を7月20日まで受け付けていた。年度内に基本計画をまとめ、基本設計に着手する。
 着工は2023年度の予定。24年度の完成、25年度開庁を目指す。
 老朽化している現庁舎(河岐715)を移転する。4月にまとめた新庁舎整備基本方針によると、移転先は河...続きを読む

万博協/大屋根、迎賓館、催事場等基本設計プロポ公告 [2021年8月2日8面]

 2025年日本国際博覧会協会は7月30日、「2025年日本国際博覧会大屋根(リング)基本設計業務」と「2025年日本国際博覧会迎賓館基本設計業務」「2025年日本国際博覧会大催事場基本設計業務」「2025年日本国際博覧会小催事場基本設計業務」の委託先を決める公募型プロポーザルを公告した。「2025年日本国際博覧会ゲート施設基本設計業務」の一般競争入札も公示。プロポーザルの申込書は17日、大屋根の...続きを読む

沖縄県与那原町/マリンタウン地区PPP/21年度に基本構想 [2021年8月2日9面]

 沖縄県与那原町はマリンタウン地区の公有地3街区(延べ約6・7ヘクタール)のPPPによる開発に向け、2021年度に導入機能を中心とした基本構想を検討する。並行して用途地域の変更に関する地元の合意形成にも着手する予定。基本構想などに基づき22年度以降に基本計画や民間事業者の公募に向けた実施方針の策定などを進める見通しだ。
 対象地は町有地である東浜77番地(与那古浜公園、敷地面積約4・2ヘクタール...続きを読む

東京都府中市/市民会館など複合施設管理・運営業務/大林ファシリティーズグループに [2021年7月30日4面]

 東京都府中市はRO(改修・運営)方式のPFIを採用する「府中市市民会館・中央図書館複合施設維持管理・運営等事業」の落札者を、102億2562万5013円(税抜き)で大林ファシリティーズが代表の4社グループに決めた。対象施設は市民会館や中央図書館で構成する複合施設「ルミエール府中」。27日に一般競争入札を開札した。12月市議会に契約議案を提出し承認後契約する。
 グループの構成員は佐藤総合計画、...続きを読む

名古屋市/名古屋駅東側エリア再整備検討業務入札公告/8月11、12日に入札書受付 [2021年7月30日8面]

 名古屋市住宅都市局は29日、「名古屋駅東側エリアの再整備検討業務委託」の一般競争入札(事後審査型)を公告した。入札書を8月11、12日に受け付ける。開札は同17日。
 参加できるのは、建設コンサルタントの認定を受け「都市計画および地方計画」を選択、「建築設計・監理」の認定も受けている者。市内に本店・支店・営業所が要件。
 同業務では、リニア中央新幹線開業を見据え、名古屋駅東側駅前広場(中村区...続きを読む

京都府/南田辺西地区開発(京田辺市)事業提案を公募/8月31日まで参加受付 [2021年7月30日10面]

 京都府は29日、「南田辺西地区開発事業に係る事業提案募集」の手続きを開始した。参加表明書や提案書などは8月31日まで郵送またはメール(bunkaga@pref.kyoto.lg.jp)で商工労働観光部文化学術研究都市推進課で受け付ける。選定結果の通知は9月中旬を予定している。
 関西文化学術研究都市(けいはんな学研都市)の南田辺・狛田地区における未整備地区の一つとなっている南田辺西地区で、20...続きを読む
1 2 3 4 5 176