工事・計画

愛知県/新体育館PFI実施方針公表/BT+コンセッション方式採用、8月に入札公告 [2020年7月8日7面]

 愛知県は7日、PFIを導入する「愛知県新体育館整備・運営等事業」の実施方針を公表した。国内初の「BT(建設・移管)+コンセッション(公共施設等運営権)方式」を採用し、8月中旬に総合評価一般競争入札を公告する。参加申請を10月に受け付け、11月に個別対話を実施、12月に提案書を提出してもらう。2021年3月に落札者を決定し、同6月に基本契約を結ぶ予定。21~24年度で設計・建設を進め、第20回アジ...続きを読む

藤崎(仙台市青葉区)/本館建替に合わせ周辺地区一体再開発/事業協力者の公募開始 [2020年7月8日6面]

 地場百貨店の藤崎(仙台市青葉区、藤崎三郎助社長)は仙台市中心部にある本館を建て替える。本館周辺の地権者と連携し、組合施行による第1種市街地再開発事業として新しい本館を整備。周辺にある複数の建物も一体的に建て替え、新たな商業・業務・複合交流拠点を形成する。8日から単体のゼネコンを対象に、事業計画作りや保留床処分の提案などを支援する事業協力者の選定を始める。
 既設の藤崎本館を含む再開発検討区域は...続きを読む

札幌駅北口8・1地区再開発(札幌市北区)/大成建設JVで起工/組合 [2020年7月7日6面]

 ◇23年12月完成めざす
 札幌駅北口8・1地区市街地再開発組合(田中重明理事長)は3日、札幌市北区北8西1の現地で起工式を開いた。共同住宅、店舗、多目的ホールなどからなる48階建てと14階建ての2棟、総延べ11万3372平方メートルの複合ビルを新築する。基本設計は日本設計とドーコン、実施設計は大成建設、施工は大成建設・伊藤組土建・スターツCAMJVが担当。2023年12月の完成を目指す。
...続きを読む

首都高速会社/日本橋地下化プロジェクト始動/出入り口撤去工事入札公告 [2020年7月6日1面]

 首都高速道路会社は、首都高速都心環状線の日本橋区間(東京都中央区、千代田区)を地下化する大規模工事の発注手続きを開始した。日本橋川の上にある高架道路の一部を地下化するとともに老朽化した構造物を更新する。周辺一帯の景観と環境を改善する大型事業が進むことになる。同社は3日に「(改)都心環状線(日本橋区間)呉服橋・江戸橋出入口撤去工事」の一般競争入札を公告した。=4面に詳しく
 日本橋川上空の道路は...続きを読む

豊海地区再開発(東京都中央区)/都が組合設立認可/54階建て2棟、22年度着工へ [2020年6月30日4面]

 東京都は30日、中央区で第1種市街地再開発事業を計画している「豊海地区市街地再開発組合」の設立を認可する。総事業費約1237億円を投じ、高さ約189メートルのタワーマンション2棟を建設する。年度内の権利変換計画認可を見込んでおり、2022年度の工事着手、26年度の建物竣工を目指す。
 施行区域は豊海町と勝どき6丁目の約2ヘクタール。再開発ビル2棟はいずれも地下1階地上54階建てで、延べ床面積の...続きを読む

レノバ/仙台市宮城野区にバイオマス発電所計画/出力7・5万kW、12月着工へ [2020年6月29日6面]

 再生可能エネルギー発電事業を手掛けるレノバ(東京都中央区、木南陽介社長兼最高経営責任者〈CEO〉)は、仙台市宮城野区の蒲生北部地区に木質バイオマスを燃料とする火力発電所を建設する=完成イメージ。施設規模はバイオマス専焼の火力発電所として国内最大級となる出力7万4950キロワット。12月に着工し、2023年9月の運転開始を予定。
 建設地は宮城野区蒲生荒田1の1ほか(敷地面積約5万平方メートル)...続きを読む

東京・大田区/蒲蒲線整備で6月末にも東京都と協議体立ち上げ [2020年6月24日4面]

 東京・大田区は鉄道新線・新空港線(蒲蒲線)の事業化に向けた動きを加速する。整備主体の設立を目指し、月末にも東京都と協議体を立ち上げる方針。年度内にも協議を詰め、整備主体を設立したい考え。整備主体の設立後、環境影響評価(環境アセス)手続きや設計を経て2~3年後に着工。整備期間は7~8年を見込む。
 協議では、費用負担割合の決定が「最大の課題」(新空港線・まちづくり調整準備担当課)になる。区は既存...続きを読む

関東整備局/東京都心部で自転車通行帯整備/3年で76キロ完成めざす [2020年6月19日4面]

 関東地方整備局は東京23区内を対象に、自転車通勤を促すハード整備を加速する。おおむね3年でオフィスが集積する都心部の一般道路を中心に、約76キロの自転車通行帯の整備を計画。円滑な事業実施に向け民間ノウハウを活用するための包括業務の発注を予定している。関係機関による検討会も立ち上げ、早期の事業着手を目指す。
 関東整備局は都心部を中心に自転車通行帯の整備を進めてきた。既存の道路空間を活用するため...続きを読む

五洋建設ら6者JV/殿町羽田空港線橋桁据え付け現場を報道公開/団結力で工事推進 [2020年6月11日3面]

 五洋建設ら6者JVは10日、東京都大田区の羽田空港と多摩川を挟んで対岸の川崎市川崎区殿町を結ぶ「都市計画道路殿町羽田空港線ほか道路築造工事」の橋桁(大ブロック)架設作業を報道陣に公開した。1228トンの橋桁を台船で現地に運び、慎重に据え付けた。今回の作業で台船による据え付けは残り1ブロックになる。 =1面参照
 事業主体は川崎市と東京都で、川崎市が施工主体。設計・施工一括(DB)方式で五洋建設...続きを読む

東京メトロ/日比谷線・虎ノ門ヒルズ駅(東京都港区)が開業/56年ぶりの新駅誕生 [2020年6月9日4面]

 東京メトロ日比谷線の新駅「虎ノ門ヒルズ駅」(東京都港区)が6日に開業した。1964年の全線開業以来56年ぶりの新駅。土木工事は鹿島・大林組JVが施工。建築工事は地下部を同JV、大和リースとフジタJVが地上部を担当している。
 開業初日は新たなホームや改札口を撮影する利用客らでにぎわった。新駅は地下歩行者通路でバスターミナルや銀座線・虎ノ門駅に直結。交通利便性の強化が期待される。今後も工事を継続...続きを読む

月島三丁目北地区再開発(東京都中央区)/特定業務代行者募集/準備組合 [2020年6月9日4面]

 東京都中央区の月島三丁目地区再開発準備組合は9日、再開発ビルの施工や保留床の処分などを担う特定業務代行者の募集を開始する。募集要項を都市みらい推進機構(東京都文京区)で16日まで配布する。受け取りにはメール(tsukishima-3north@toshimirai.jp)で事前連絡が必要。経営事項審査の建築工事一式の総合評定値(P点)1700点以上、土木工事一式のP点1500点以上などが参加要件...続きを読む

横浜市/MM21地区62街区開発/事業予定者にベルジャヤら3社グループ [2020年6月8日5面]

 横浜市は5日、西区にある「みなとみらい(MM)21地区62街区」の開発事業予定者にマレーシアのコングロマリット、ベルジャヤ・コーポレーション(クアラルンプール、ヴィンセント・タン会長兼最高経営責任者〈CEO〉)が代表の企業グループ「BMD62」を選定したと発表した。高級ホテル・コンドミニアムや水族館、店舗などの複合施設を建設する提案だった。施設規模は延べ8・2万平方メートルを想定している。今後協...続きを読む

首都高速道路会社/日本橋区間地下化で地元説明開始/3段階で工事推進、40年完了へ [2020年6月4日4面]

 首都高速道路の日本橋区間(東京都中央区、千代田区)の地下化プロジェクトが4月に都の事業認可を取得したことを受け、地元住民らに対する事業内容の説明や意見聴取の手続きが始まった。首都高速道路会社と都が周辺住民に配布した事業説明資料によると、3段階で工事を進める方針。2035年に地下ルートの開通、40年に既存高架橋の撤去完了を目指す。
 当初は地元住民らを集めた事業説明会を予定していたが、新型コロナ...続きを読む

都市機構、東京メトロ/日比谷線・虎ノ門ヒルズ駅公開/56年ぶり新駅、6月6日開業 [2020年6月3日4面]

 都市再生機構と東京メトロは2日、東京都港区に整備している日比谷線虎ノ門ヒルズ駅を報道陣に公開した。6日に開業する。開業後も工事を継続し、2023年には隣接する再開発ビルに接続。銀座線虎ノ門駅との乗り換えが可能になる。日比谷線が1964年に全線開業してから56年ぶりの新駅、22番目の停車駅となる。
 新駅の所在地は虎ノ門1丁目。駅整備の事業主体は都市機構で、設計・工事を東京メトロに委託した。施工...続きを読む

JR東日本/渋谷駅で埼京線新ホームが供用開始/改良工事完了 [2020年6月2日1面]

 JR渋谷駅で1日、埼京線の新しいホームの供用が始まった。JR東日本が5月29日午後10時ころから6月1日午前4時ころまで約54時間をかけて大規模な工事を実施。新型コロナウイルス感染症の対策に万全を期しながら、つり設備などを駆使して同線下りの線路を切り替えた。=4面に詳しく
 工事では1年以上かけて工程を練り、試験ヤードでデモンストレーションを行って作業に臨んだ。工事中は埼京線の一部区間で営業運...続きを読む
1 2 3 4 5 157