2017年1月20日 金曜日

技術・商品

大林組/トンネル覆工裏込めでミルク型新注入材開発/材料コスト、最大2割減 [2017年1月19日3面]

 大林組は18日、小規模なトンネル補修向けに、覆工裏込め注入工法「スペースパック工法」の新たな注入材を開発したと発表した。セメント系結合材と特殊増粘材の粉体系材料2種類を施工時に混ぜ合わせるミルクタイプで、時間と場所を選ばず安定的に調達できる。従来のモルタルタイプで必要となるトラックの割り増し費用や洗浄費用が不要となり、材料コストを最大で2割削減可能という。
 これまで使用していたモルタルタイプ...続きを読む

アドバンスト・メディア/音声認識で議事録作成/作業時間半減、2月からサービス提供 [2017年1月18日3面]

 アドバンスト・メディア(東京都豊島区、鈴木清幸社長)は、建設・不動産業界向けに音声認識議事録作成プラットフォームサービスを2月1日に開始する。音声認識技術を使い、建設現場などの関係者が行う会議での発言を自動的に文字化して記録に残す新サービスで、文字起こしを手作業で進める従来の議事録作成と比べ作業時間を最大55%削減できるという。3年で100社との使用契約を目指す。
 新サービスは「AmiVoi...続きを読む

大成建設/スマートコミュニティー実現へ取り組み強化/17年度内にAEMS構築 [2017年1月17日3面]

 大成建設は、スマートコミュニティーの実現に向けた取り組みを加速する。横浜市戸塚区の技術センターに固体酸化物形大型燃料電池(SOFC)を導入し、そこから得られる電気と熱で、敷地内の複数建物へのエネルギー融通を実施。さらに複数建物のエネルギーを統合管理するエリア・エネルギー・マネジメント・システム(AEMS)を導入し、敷地内全体でエネルギー使用量の最適化を図る。SOFCは4月から、AEMSは17年度...続きを読む

大成建設、千葉工業大学/天井裏点検システムを開発/遠隔操作探査ロボで効率化 [2017年1月16日3面]

 大成建設は13日、千葉工業大学と共同で建物内の天井裏点検システムを開発したと発表した。千葉工大が開発した遠隔操作型の探査ロボットに、暗所でも撮影可能なカメラ機構を搭載。人が入り込めない狭いスペースでも効率・効果的な点検作業が可能になる。
 千葉工大が開発した探査ロボット「CHERI(シェリ)」は、全長350ミリ、幅250ミリ、高さ90ミリの大きさ。ダクトや配管下の隙間が100ミリ以上あれば、す...続きを読む

鹿島/建機自動化システムにダンプ追加/大分川ダム(大分市)で材料運搬・荷下ろし [2017年1月12日3面]

 鹿島は11日、建設機械の自動運転など無人化施工技術を核とした次世代の建設生産システムで、従来の振動ローラーとブルドーザーに続き、ダンプの自動化に成功したと発表した。大分市で施工中のダム堤体工事に、GPS(全地球測位システム)や自動化機器などを搭載した汎用ダンプを導入し、あらかじめ指示された位置まで材料を運搬してから荷下ろしを行うまでの作業を無人で実現した。

 同社は15年5月、次世代建設生産...続きを読む

大成建設/建設現場向け自律型清掃ロボット開発/1平米当たり0・4分で清掃 [2017年1月10日3面]

 大成建設は、建設現場の清掃を自動で行う自律型清掃ロボットを開発した。床面の散乱物や粉じんなどの状況を自ら判断して清掃する。現場の労働者の減少が課題となる中、現場作業の省力化、省人化につながるシステムとして期待される。
 開発した「T-iROBO Cleaner」は、既存の吸引型清掃機に自動走行機能を追加した。大型リチウムバッテリーを積み、9時間以上の連続稼働運転が可能になる。
 レーザーレン...続きを読む

戸田建設/鋼板補強型杭頭接合工法開発/杭頭接合筋の必要本数削減可能に [2017年1月6日3面]

 戸田建設は、杭頭接合部の耐震性向上と施工性改善を図る鋼板補強型杭頭接合工法「TO-SPCap工法」を開発した。杭鋼管に角型のプレートを取り付けるのが特徴。杭頭接合筋を、プレートに沿って矩(く)形に近い配置にすることで、基礎梁主筋との交差による干渉を解消。必要な杭頭接合筋の本数を抑えられることから、施工性の向上につながる。
 鋼管コンクリート杭の杭頭接合部は、耐力確保のために杭頭接合筋の必要本数...続きを読む

みらい建設工業/青森・八戸港浚渫にICT導入/港湾初のモデル工事で成果 [2016年12月28日1面]

 ◇水中から陸上まで測量データ3D化
 みらい建設工業が、ICT(情報通信技術)を駆使した港湾工事で成果を上げている。国土交通省東北地方整備局から受注した港湾工事で国内初の「ICT活用調査モデル」となる青森県・八戸港の浚渫工事を施工した。短時間で広範囲の測深データを取得できるマルチビーム音響測深機などを導入して測量から土量計算までにかかる人手を大幅に削減し、生産性の向上を実現した。
 同工事は...続きを読む

鹿島/新宿三井ビル屋上設置の超大型TMDが制震効果発揮/11月の福島県沖地震で [2016年12月28日3面]

 鹿島は27日、東京・西新宿にある三井不動産の「新宿三井ビルディング」の屋上に設置した超大型TMD(制震装置)が、11月27日に発生した福島県沖地震で所期の効果を発揮したと発表した。長周期地震動対策として高さ210メートルの屋上に据え付けたTMD6基(1基当たりの重量300トン)すべてが正常に作動し、建物の揺れを軽減したことが当日の観測記録から確認できたという。
 新宿三井ビル(新宿区西新宿2の...続きを読む

ライト工業/主力分野でi-Con対応強化/ICTなど活用、施工を効率化・省力化 [2016年12月27日3面]

 ライト工業が、国土交通省が推進する建設現場の生産性向上策「i-Construction」への対応を強化している。地盤改良分野では機械撹拌(かくはん)工法の品質・出来形を3次元(3D)モデルで可視化するシステムやGNSS(衛星測位システム)で施工機械を誘導するシステムの実績を重ねている。のり面分野ではモルタル吹き付け工法用の新たなシステムを本年度に開発した。
 i-Constructionは盛り...続きを読む

鹿島/ディスクローラーカッター交換、シールド機内から可能に/大深度で補助工法不要 [2016年12月22日1面]

 鹿島は、主に硬質岩盤の掘削に用いるディスクローラーカッターをシールド機内側から交換する技術を開発した。交換方法にカッターホルダースライド方式を採用することで土砂の流入を抑制。高水圧の大深度地下でも補助工法なしで交換できる。大深度・高水圧下の岩盤、巨れきや玉石混じりの地盤など厳しい施工条件が想定される山岳部での適用を積極的に提案する。

 摩耗したディスクローラーカッターを油圧ジャッキでカッター...続きを読む

ピーエス三菱/高強度コンクリ使用の低桁高PC橋向け新工法開発急ぐ/工費1割減 [2016年12月22日3面]

 ピーエス三菱が、桁高制限の厳しい低い桁高のPC(プレストレスト・コンクリート)橋向けに新しい工法の開発を進めている。既存のダックスビーム工法に代わる位置付けで、必要強度を見直し、主要材料を繊維補強モルタルから高強度コンクリートに変更したことで、ダックスビーム工法に比べ主桁製作費を30%、工事費を10%削減できる。17年度に建設技術審査証明の取得を目指す。
 近年、河川改修や都市再開発事業に伴い...続きを読む

長大/斜張橋ケーブル点検用ロボットの作業公開/女神大橋(長崎市)で、近接目視可能 [2016年12月21日3面]

 長大は協和機電工業(長崎市、坂井秀之社長)の協力を得て、長崎大学と共同で斜張橋ケーブルの点検用ロボット=写真=を開発した。長崎県道路公社が発注した女神大橋(長崎市)のケーブル点検業務に活用することを決め、19日に現地で点検作業を公開した。
 斜張橋ケーブルは、橋の主塔と主桁をつなぐ重要部材の一つ。これまでは高所作業車を使い、最大高さ30メートル程度までを近接目視で点検し、それ以上の高さは遠望目...続きを読む

大林組、加藤建設/狭あい地向け斜め土留め工法開発/地盤改良体造成、工期大幅短縮 [2016年12月20日3面]

 大林組と加藤建設(愛知県蟹江町、加藤徹社長)は19日、狭い敷地での開削工事に有効な新しい斜め土留め工法を開発したと発表した。地盤改良工法のパワーブレンダー工法により傾斜10度のソイルセメント壁を造成する。支保工を使う従来工法と同様に掘削側に施工機械を配置して施工でき、土留め壁背面側のスペースが不要になる。コーナー部を連続して造成可能で、品質の向上にもつながる。
 パワーブレンダー工法は、セメン...続きを読む

西松建設/インフラ維持管理に超低消費電力通信技術活用/都心部で通信範囲実証実験 [2016年12月19日3面]

 西松建設は16日、IoT(モノのインターネット)センサーデバイスの開発などを手掛けるスカイディスク(福岡市中央区、橋本司代表取締役CEO〈最高経営責任者〉)と共同で広範囲かつ超低消費電力の通信技術・LPWAを用いたセンサーデータ転送の実証実験を行うと発表した。インフラ点検技術へのLPWAの活用を視野に、ビル密集地での通信範囲などを検証する。
 西松建設は、建設投資動向に左右されない安定的な事業...続きを読む
1 2 3 4 5 40
(検索結果は別ページに移動します)
※過去3カ月の新聞記事が検索できます。
(当日分と落札ファイルの記事は検索対象外です)
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む
DVD 新版 つくる!安全現場の1年
「サイバーセキュリティ月間」の新コンテン...続きを読む
タイムライン―日本の防災対策が変わる
風水害などの防災対策として全国の地方自治...続きを読む
DVD 職長が語る!予定外作業の悲劇
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む