工事・計画

福岡県小郡市/IC周辺まちづくり構想案/22年早々にプロポ公告 [2021年12月2日9面]

 福岡県小郡市は筑後小郡IC(山隈)と2023年度完成予定の(仮称)味坂スマートIC(福童)の周辺開発の指針となる「IC周辺まちづくり構想案」の作成に着手する。年明けにも構想案作成業務の公募型プロポーザルの手続きに入り、21年度末をめどに業務委託先のコンサルタントを選定する。随意契約を締結して業務委託し22年度中に構想案をまとめる意向だ。
 構想案の作成業務委託費として21年度一般会計12月補正...続きを読む

京葉ガス/市川工場跡地3万平米開発(千葉県市川市)/中高層住宅中心に街づくり [2021年12月2日5面]

 京葉ガスは、千葉県市川市にある約3万平方メートルの市川工場跡地を開発する。中高層住宅を中心とした街づくりを進める。保有資産を有効活用する取り組みの一環。11月30日に発表した2022~24年が対象の中期経営計画に盛り込んだ。ガス幹線の整備、再生可能エネルギー電源の拡大、ガスインフラの強靱化などの取り組みも位置付けた。安全・安心(レジリエンス)には30年までに300億円を投じる。
 市川工場跡地...続きを読む

関東整備局/京成本線荒川橋梁架替/ルート・施工方法を大幅見直し [2021年12月2日4面]

 関東地方整備局は「京成本線荒川橋梁かけ替え事業」でルートや施工方法を大幅に見直す。地元の意向調査や詳細設計の結果を踏まえ事業計画を変更する。事業費は当初想定していた364億円の2倍を超える730億円に増える。2024年度までだった事業期間も大幅に延長し、37年度までになる。22年度の着工を予定している。1日に開いた「荒川水系河川整備計画フォローアップ委員会」(委員長・田中規夫埼玉大学大学院教授)...続きを読む

西大和学園/大和大情報学部棟新築など(大阪府吹田市)/村本建設らに [2021年12月2日8面]

 学校法人西大和学園(奈良県河合町)は、大和大学(大阪府吹田市片山町2の5の1)の情報学部棟新築工事の施工者を村本建設に、約4000人収容のアリーナ新築工事とランドスケープ工事の施工者を五洋建設に決めたと明らかにした。1日に準備工事に着手し、情報学部棟とアリーナは2022年12月末の完成を予定。ランドスケープ工事は23年2月の完成を目指す。設計は松田平田設計が担当。
 大学開学10年を迎える23...続きを読む

浜松町二丁目4地区A街区開発/世界貿易センタービル跡地の施工予定者は鹿島に [2021年12月1日4面]

 世界貿易センタービルディング(東京都港区、宮崎親男社長)らは、東京都港区の「浜松町二丁目4地区A街区」開発事業で、世界貿易センタービル跡地に建設する2棟のビルの設計者と施工予定者を鹿島に決めた。オフィスやホテルなどが入る総延べ約21万平方メートルのビルを整備する。2022年5月にも着工し27年2月の竣工を目指す。
 同街区はJR浜松町駅の西側に位置する。世界貿易センタービルやモノレール浜松町駅...続きを読む

日本郵便ら/京都中央郵便局(下京区)建替を計画/延べ13万平米複合ビル [2021年12月1日10面]

 日本郵便と京都駅ビル開発は、京都市下京区のJR京都駅前にある京都中央郵便局の建て替えを計画している。中央郵便局と西隣の立体駐車場を延べ約13万平方メートルの複合ビルに再開発する計画で、現在は市が開発構想届の縦覧手続きを進めている。2029年度後半の竣工を目指す。
 1961年に業務を開始した現京都中央郵便局が老朽化していることや、京都郵便局(京都府城陽市)の開設に伴う機能移転が進んでいること、...続きを読む

山口市/新本庁舎等基本設計/総事業費は188・9億円 [2021年11月30日13面]

 山口市は、現在地で建て替えする新本庁舎等の基本設計をまとめた。概算事業費は新本庁舎で131億8400万円、市民交流棟で14億1600万円、新立体駐車場で11億0100万円、広場整備などを合わせた総額は188億9150万円と試算している。2022~24年度に新本庁舎棟を建設、供用開始した後、25年度に現庁舎を解体、25~26年度で市民交流棟・新立体駐車場を建設する。設計は石本建築事務所。
 施設...続きを読む

三菱地所、日本生命/淵野辺プロジェクト/清水建設で22年6月着工へ [2021年11月30日5面]

 三菱地所と日本生命保険は、相模原市中央区に建設する大規模物流施設の設計・施工を清水建設に決め、2022年6月にも着工する。完了は23年11月末の予定。三菱地所が出資する特定目的会社(SPC)の淵野辺デベロップメントと日本生命が事業主体となり、5階建て延べ17万平方メートル規模のマルチテナント型施設を建設する。
 計画名称は「(仮称)相模原市中央区淵野辺プロジェクト」。建設地は淵野辺5の977の...続きを読む

関東整備局/明治記念大磯邸園リニューアルに着手/初弾の大隈重信邸改修入札公告 [2021年11月30日5面]

 関東地方整備局は神奈川県大磯町にある「明治記念大磯邸園」で歴史的建造物の保存改修に着手する。初弾となる「旧大隈重信別邸・旧古河別邸」改修工事の一般競争入札を29日公告した。関東整備局が木造文化財の保存と改修を直轄事業で実施するのは初めて。旧大隈邸に続き隣接する他の建築も保存改修し、2024年度の全面公開を目指す。設計は隈研吾建築都市設計事務所・建文JVが一括担当する。
 大磯邸園の所在地は大磯...続きを読む

中部整備局ら/名古屋第4地方合同庁舎PFI/大成建設ら2社グループに [2021年11月29日9面]

 中部地方整備局と東海農政局は26日、PFIを導入する「名古屋第4地方合同庁舎整備事業」の一般競争入札を開札し、大成建設と東急コミュニティーの企業グループに決定した。協力企業は佐藤総合計画。入札価格は159億7766万5118円(税込み)。審査講評などは後日、改めて公表する。
 名古屋第4地方合同庁舎の規模は延べ約2万5700平方メートル。事業手法はBTO(建設・移管・運営)方式。事業者は202...続きを読む

オリックス不/埼玉県毛呂山町の大型物流施設、戸田建設で着工/延べ6・3万平米 [2021年11月29日4面]

 オリックス不動産は埼玉県中央部の毛呂山町に延べ約6・3万平方メートル規模の大型物流施設「鶴ケ島IIロジスティクスセンター」を整備する。設計は浅井謙建築研究所とMPデベロップメント。戸田建設の施工で1日に着工した。竣工は2023年2月末を予定している。
 建設地は市場(敷地面積3万4343平方メートル)。関越自動車道・鶴ケ島ICと首都圏中央連絡自動車道(圏央道)・圏央鶴ケ島ICに近い。建物はRC...続きを読む

大阪府/新安治川水門アイデアコンペ/最優秀賞に川村宣元氏、海の大手門を提案 [2021年11月29日10面]

 大阪府は25日、安治川水門(大阪市港区弁天6)の上流側に設ける新水門のアイデアコンペで川村宣元氏(川村宣元建築設計事務所)の作品「海の大手門」を最優秀賞に選んだと発表した。安治川河口は千石船の停泊地で大阪の海の玄関口だった歴史を踏まえ、風格と防備機能を備える大阪城大手門が水門に通じると解釈、「洗練・風格・堅ろう」と歴史を新水門デザインに反映。周辺エリア案では現水門の保存公園案や近隣商店街の活性化...続きを読む

兵庫県伊丹市/統合新病院実施設計概要を公表/602床、22年4月に着工 [2021年11月26日12面]

 兵庫県伊丹市は、市立伊丹病院(伊丹市昆陽池)と公立学校共済近畿中央病院(同車塚)を統合する「(仮称)伊丹市立伊丹総合医療センター」の実施設計概要を公表した。建設地は現伊丹病院敷地(約2万9560平方メートル)。病床は602床。2022年4月に新病棟の建設に着工し、伊丹病院の運営を続けながら工事を進める。25年10月の開院を目指す。設計は久米設計・浦野設計JVが担当。
 新病院は基幹病院となる西...続きを読む

東京都/ベイエリア街づくりに注力/40年代に向け未利用地の複合機能誘致など促進 [2021年11月26日4面]

 東京都が東京湾岸エリアの街づくりにより力を入れる。基盤整備と並行した低未利用地への複合機能の誘致や民間開発を促す制度導入、研究機能の集積などを検討。2040年代に向け海辺や緑地の環境と調和しながら、気候変動などのリスクに対応する持続可能な都市構築を目指す。
 25日に意見募集を始めた「東京ベイeSGまちづくり戦略(ドラフト)」で方向性を示した。22年3月の策定を予定する。50年後、100年後の...続きを読む

岐阜市/庁舎跡地を岐阜合同庁舎移転用地に/財務局に活用提案 [2021年11月25日7面]

 岐阜市は、本年度から解体に着手する旧庁舎の跡地活用について、国の出先機関が入る岐阜合同庁舎の移転用地としての活用を東海財務局岐阜財務事務所に提案していることを明らかにした。今後、両者で活用の可能性を検討していく。これに伴い、市が予定していたにぎわい創出に向けた事業者の公募手続きは当面、見送ることになった。
 22日に開いた市議会の旧庁舎跡地等活用対策特別委員会で市が説明した。岐阜合同庁舎(金竜...続きを読む