技術・商品

大林組/免震建物用ケーブルラックの性能確認実験を公開/揺れに追従した変形を確認 [2021年3月9日3面]

 大林組は8日、地震時の電気・通信ケーブルの損傷リスク軽減を目的に開発した免震建物用ケーブルラック「ニュートラダー」の性能確認実験を報道陣に公開した。ラック同士をピン接続し地震時の揺れに追従して変形する構造。免震建物に対応したケーブルラックは業界初となる。実証実験は同社技術研究所(東京都清瀬市)にある3D振動台で実施。熊本地震など3種類の振動を再現し安全に動作することを確認した。
 ニュートラダ...続きを読む

オリコンサルら/バスの運行管理システムを開発/位置情報捕捉、乗降客見守り [2021年3月9日3面]

 オリエンタルコンサルタンツは、全額出資子会社のリサーチアンドソリューション(福岡市博多区、美濃部直樹社長)と共同でバスの運行管理を効率化するシステムを開発した。バスの位置情報を捉え、乗客が走行情報などをスマートフォンで閲覧できる。神奈川県厚木市のコミュニティー交通で試行運転を開始した。高齢者などがバスに乗降したかを確認できる見守りサービスも提供する。
 両社が運用するのは「バス位置情報提供サー...続きを読む

東急建設/外壁被覆改修システムを改良/意匠性損なわず外断熱仕様に [2021年3月9日3面]

 東急建設は、老朽化したタイル仕上げ外壁を薄型の被覆材で覆い改修する「プラスリム工法」を改良した。従来工法の課題だった外断熱仕様や薄型大判タイルに対応。意匠性を損なわず建物の環境配慮性能を高められるようになった。パネルのはめ込み部分を見直すことではめ込み作業の時間も短縮。作業効率が高まった。
 プラスリム工法は薄型の被覆材と特殊形状の下地を使用する。劣化で仕上材の剥落が懸念される外壁にアンカー固...続きを読む

戸田建設/切羽前方地山の高精度調査技術を開発/道路トンネル工事で性能確認 [2021年3月8日3面]

 戸田建設は、山岳トンネル工事で掘削の安全性向上と合理化に向け、切羽前方の地山物理的特性が容易に測定できる調査技術「DRiログ」を開発した。切羽から削孔した水平孔内に弾性波速度と比抵抗分布が同時測定可能な装置を挿入。切羽前方の地山物性値を一度に取得することで地山評価の精度を高める。愛知県内で施工中の道路トンネル工事で性能を確認した。
 DRiログは油圧ジャンボで30~50メートルの水平孔を削孔し...続きを読む

鹿島ら/ロボットの自律移動システム開発/搭載清掃ロボを現場導入、GNSS不要 [2021年3月5日1面]

 鹿島とディープラーニング(深層学習)技術を手掛けるPreferred Networks(PFN、京都千代田区、西川徹代表取締役兼最高経営責任者〈CEO〉)は、建築現場で用いるロボットが自律移動できるシステムを開発した。人による事前設定やGNSS(全球測位衛星システム)が不要で、リアルタイムに位置や周辺環境を認識し、状況が変化しても安全に移動できる。初弾として清掃ロボットに搭載し、首都圏の現場に導...続きを読む

柴田科学/トンネル粉じん測定装置の生産増強/厚労省の指針改正で需要急増 [2021年3月5日3面]

 粉じん計などを手掛ける柴田科学(東京都台東区、柴田眞利社長)は、トンネル工事の粉じん対策が4月から強化されるのに合わせて、デジタル粉じん計の生産ラインを増設した。厚生労働省のガイドライン改正に対応した測定が義務付けられるため需要が急増。改正ガイドラインに対応した分粒装置も開発済みで供給を始めている。今後も一定程度の需要が続くとみており、増産体制を継続する方針だ。
 同社は、ガイドラインに対応し...続きを読む

竹中土木ら/盛り土の転圧管理システム開発/高精度のデータ取得を確認 [2021年3月3日3面]

 ◇転圧ローラーにGNSS2基と傾斜計を搭載
 竹中土木と測量機器などの製造販売を手掛けるライカジオシステムズ(スイス、日比孝典社長)は、盛り土の品質管理精度を大幅に向上させた転圧管理システムを開発した。転圧ローラーに2基のGNSS(全球測位衛星システム)アンテナと傾斜計を搭載し鉄輪位置を正確に算出。実証試験では、走行軌跡が水平方向20ミリ以下、鉛直方向30ミリ以下の高精度でデータを取得できるこ...続きを読む

清水建設/AR技術活用した施工管理支援システムを開発/配管設備など可視化 [2021年3月3日3面]

 清水建設は2日、建物のBIMデータとライブ映像を合成表示し、設備配管の施工や建物躯体の施工管理を支援するシステムを開発したと発表した。名称は「Shimz AR Eye」。BIMで設計した建物の新築・改修工事18現場に試験導入し、性能などを確認している。今後は建築、土木を問わずAR(拡張現実)技術を活用した施工支援ツールを導入し、施工管理の効率化を目指す。
 Shimz AR Eyeはタブレット...続きを読む

西松建設、東北大学/プラズマ照射で水耕栽培培養液のかび抑制/植物工場の生産性向上 [2021年3月3日3面]

 西松建設と東北大学は、水耕栽培の培養液でかびの増殖を抑制する技術を確立した。かびが増殖した培養液にプラズマを照射し酸化力の高い活性種を発生させかびの増殖を抑える。栽培している植物に与える影響は少ないという。今後は技術の実効性や実用性を高める培養液の管理方法を確立し、植物工場の安定生産や生産性向上につなげる。
 両者はかびが増殖した培養液にプラズマを照射し、酸化力の高い活性種を発生させることで、...続きを読む

戸田建設/シールド工事向けハイグリップアンカー継ぎ手を初適用/ボルト締め付け不要 [2021年3月1日3面]

 戸田建設は日本ヒュームと共同開発した「ハイグリップアンカー継手」をシールド工事現場に初適用した。セグメントリングをつなぐ従来のボルトやナットに代わる継ぎ手で、作業効率の向上や品率の向上などが期待できるという。適用した現場では内空2800ミリのトンネルに対して施工性や特長を確認した。
 ハイグリップアンカー継ぎ手はシールドジャッキを使ってトンネル軸方向にセグメントを押し付けることにより、セグメン...続きを読む

鹿島/CCUS連携の顔認証システムを150現場で導入/瞬時に入退管理と検温 [2021年2月26日3面]

 鹿島は25日、顔認証入退場管理システムを全国の150現場に導入したと発表した。登録した技能労働者数は10万人を超えており、登録済みの顔写真データを正確かつ瞬時に照合できる。施工管理システムを通じて建設キャリアアップシステム(CCUS)と連携しており、カードをかざさなくても就業履歴を蓄積できる。新型コロナウイルス対策として、熱赤外線カメラで同時に検温する機能も備えた。今後は全現場に導入していく。
...続きを読む

清水建設/遮音性能を備えた給気スリットを開発/感染症対策にも寄与 [2021年2月26日3面]

 清水建設は、室内に外気のみを取り入れて騒音の侵入を遮断する給気スリット「しずかスリット」を開発・実用化した。同社によると騒音低減機能を備えた給気スリットの開発は初めてという。しずかスリットは開閉装置と一体になったユニットとして外装材に組み込まれる。ビル用設備機器メーカーのオイレスECO(東京都品川区、前田隆社長)がユニットを製作する。清水建設に独占供給後、外販を予定している。
 しずかスリット...続きを読む

戸田建設/新型コロナ感染対策ユニットを発売/病院施設の区画変更を容易に [2021年2月25日3面]

 戸田建設は、病院施設の新型コロナウイルス感染区画を容易に構築、変更できる「感染防止ユニット」(特許出願中)を開発し、製造販売を始めた。完成状態で納品するため、手間の掛かる工事が不要になる。同社は多くの医療施設に「安全・安心」な空間を提供し、医療活動に専念できるよう支援していく。
 従来は区画範囲の見直しに伴い工事が必要な場合、作業員の確保や院内への立ち入り、工事期間以外にも感染症管理の待機期間...続きを読む

熊谷組、東京工業大学/地震後の補修容易なRC梁を共同開発へ/両端にひび割れ集約 [2021年2月25日3面]

 熊谷組と東京工業大学が大地震後の継続使用を考慮した建築物向けのRC梁を共同開発している。梁主筋の中央部に金属製シース管を通して鉄筋とコンクリートの付着を除去。地震発生時に発生する梁のひび割れを両端部に集約し復旧の効率性を高める。補修コストの大幅な低減やBCP(事業継続計画)対策に貢献する。試験体を使った実証試験で損傷抑制効果を確認した。
 RC造の建築物は大地震で変形するとひび割れの範囲が拡大...続きを読む

清水建設/構造計算モデルとBIMモデルの連携データを拡充/設計作業を省人化 [2021年2月24日3面]

 清水建設は22日、構造BIMモデル(Revitモデル)を活用した構造設計業務を効率化する二つの機能を構築した。構造計算モデルとRevitモデルのデータ連携を拡充する差分変換機能では、設計条件に変更が生じた場合でも修正部分のRevitモデルへの反映が容易になる。Revitモデルのデータから柱や梁などの部材断面表を自動作成する機能も構築した。二つの機能により、大規模プロジェクトなどの設計業務で省人化...続きを読む