工事・計画

横浜市/IR誘致で民間事業者からコンセプト募集/10月30日まで参加受付 [2019年10月18日5面]

 カジノを含むIR(統合型リゾート)施設の誘致を8月に正式表明した横浜市は、民間事業者から施設計画などの提案を募る。「(仮称)横浜・山下ふ頭における特定複合観光施設設置運営事業」の実現を目指し、事業全体の方針や施設コンセプトなどで提案を求める。参加できるのは▽IR施設の開発・運営実績がある事業者▽複合施設の開発実績を持つ事業者▽施設の開発・運営に導入可能な技術、ノウハウを保有する事業者-の3者。各...続きを読む

ワタミ/岩手県陸前高田市に有機農業テーマパーク建設/20年8~9月ごろ着工へ [2019年10月18日6面]

 ワタミは岩手県陸前高田市で国内初の有機農業をテーマにしたテーマパーク施設「ワタミオーガニックランド」を建設する。宿泊施設やレストラン、再生可能エネルギー発電施設、農場、牧場、工房、店舗などを設ける=完成イメージ。2020年8~9月ごろに着工し、21年3月11日の開業を予定。年間来場者数として35万人程度を見込む。
 建設地は陸前高田市気仙町(敷地面積約23ヘクタール)。東日本大震災で津波の被害...続きを読む

JR貨物/東京レールゲートEAST整備DB(東京都品川区)WTO入札公告 [2019年10月11日4面]

 JR貨物は10日、「東京レールゲートEAST整備事業」の一般競争入札(WTO対象)を公告した。東京都品川区の東京貨物ターミナル駅構内に、JR貨物と三井不動産が共同で計画する延べ床面積約16万平方メートルの大型物流施設の設計・施工(DB、デザインビルド)を任せる。入札に当たって、施設規模や工期などの技術提案を求める。
 入札説明書の交付と申請書などの提出は24日まで、JR貨物の事業開発本部開発部...続きを読む

南池袋二丁目C地区再開発(東京都豊島区)/2棟総延べ19万平米に/準備組合 [2019年10月11日4面]

 東京都豊島区の南池袋二丁目C地区市街地再開発準備組合が計画する再開発事業の事業計画案が明らかになった。総事業費約1100億円を投じ、2棟総延べ約19万平方メートルの複合ビルを建設する。年内にも都から本組合設立認可を受ける見通しだ。2021年3月の着工、25年3月の竣工を想定している。
 事業の計画地は南池袋2の約1・7ヘクタール。豊島区庁舎などが入る「としまエコミューゼタウン」の東側に位置する...続きを読む

宮崎県/東京ビル建替整備・管理運営手法調査業務(東京都千代田区)企画提案公募 [2019年10月10日4面]

 宮崎県は9日、「宮崎県東京ビルの建替における整備・管理運営手法の調査」業務の委託先を決める企画提案募集を開始した。東京都千代田区に所有する「宮崎県東京ビル」の建て替えに向けた検討の資料とするため、整備・管理運営手法を調査する。企画提案応募書の提出は31日まで、総務部財産総合管理課庁舎管理担当(宮崎市橘通東2の10の1)への持参または郵送で受け付ける。11月上旬にも審査結果を公表する。委託費の上限...続きを読む

大阪府/万博記念公園駅前周辺地区活性化の事業者公募/10月18日に現地説明会 [2019年10月9日4面]

 大阪府は8日、日本万国博覧会記念公園で大規模アリーナを中核としたスポーツ・文化拠点整備に取り組む民間事業者の選定手続きを開始した。公募型プロポーザルに参加できるのは計画立案や建設、管理運営に必要な資金と経営体制を備えた単体法人か法人か法人グループ。現地説明会を18日に開く。
 質問書を21日~11月1日に受け付ける。提案書類の提出期間は2020年4月6~10日。同5月ごろに事業者を決める。万博...続きを読む

中野四丁目西地区再開発(東京都中野区)/施設規模は12万平米/準備組合 [2019年10月8日4面]

 東京都中野区の中野四丁目西地区市街地再開発準備組合(桝井一之理事長)が、区役所などに近接する区画で、住宅主体の再開発ビル整備を計画していることが分かった。規模は延べ約12万平方メートル。準備組合は再開発事業の環境影響評価(環境アセス)調査計画書を都に提出。今後、都市計画と環境アセスの手続きを並行して進める。現時点の想定では2022年度に既存建物の解体工事を実施。23~25年度に新築工事を進める。...続きを読む

兵庫県/引原ダム再生事業(宍粟市)/20年度着手へ、事業費200億円 [2019年10月8日8面]

 兵庫県は、1級河川揖保川流域(宍粟市・たつの市・姫路市)の治水安全度向上に向けて、引原ダム(宍粟市波賀町日ノ原)の再生事業に2020年度着手する。既設堤体のかさ上げでダム貯水容量を拡大するほか、放流設備を増強することで豪雨発生時の計画的な洪水調整に役立てる。3日に開催された公共事業等審査会で新規着手が妥当と判断された。総事業費200億円を投入し、29年度の事業完了を目指す。
 揖保川水系引原川...続きを読む

関東整備局/品川駅西口広場整備次世代型交通ターミナル企画提案公募 [2019年10月4日5面]

 関東地方整備局は、東京都港区のJR品川駅西口で計画している駅前広場整備事業のうち、官民連携で整備する「次世代型交通ターミナル」の企画提案を募る。公募手続きを3日に開始した。参加表明を31日まで受け付ける。提案書の提出期間は11月8~28日。2020年2月上旬以降にヒアリング結果を公表する。民間のアイデアも参考にしながら、計画を詰める次段階の事業提案公募に役立てる。 =1面参照
 企画提案では内...続きを読む

愛知県/ジブリパーク整備事業/実施設計協力者に鹿島、22年秋の開園めざす [2019年10月3日10面]

 愛知県は2日、「となりのトトロ」などスタジオジブリ作品の世界を再現する「ジブリパーク整備事業」の実施設計協力者に鹿島を選定し、同日付で契約を交わしたと発表した。契約額は913万円(税込み)。2020年1月から一部準備工事に着手、20年度中に本格着工し、22年秋の開園を目指す。設計業務は日本設計、デザイン・監修をスタジオジブリが担当している。実施設計段階から建設会社が技術支援を行うECI方式の利点...続きを読む

国交省/民間都市再生整備事業計画に認定/北海道ボールパーク建設(北広島市) [2019年10月3日1面]

 国土交通省は2日、北海道ボールパーク(札幌市豊平区)が申請していた建設計画を都市再生特別措置法に基づく民間都市再生整備事業計画に認定した。「北海道ボールパーク(仮称)建設計画」として、北海道北広島市に収容人数3・5万人規模の野球場と、緑地や広場といった公共施設を整備する。認定に伴い、民間都市開発推進機構を引受人とする第三者割当増資が行われる。
 事業区域は共栄228の1の一部ほか。事業施行期間...続きを読む

茨城県境町/モンテネグロ会館改築に10月着工/隈研吾氏設計、地域活性化に期待 [2019年10月1日5面]

 茨城県境町は、隈研吾氏(隈研吾建築都市設計事務所)が設計を手掛けた「モンテネグロ会館改築工事」に10月から着手する。老朽化した木造瓦ぶき平屋の建物を解体して部材の一部を再利用しながら、展示・物販スペースなどを配置する64平方メートルの建物を建設する。地元の福島工務店が施工し、年内の完成を予定している。隈氏の設計による建物は町内で5棟目。面的広がりを生かして町の活性化を図る考えだ。
=16面参照...続きを読む

西日本高速関西支社/新名神・枚方トンネル工事WTO入札公告/技術選抜見積方式 [2019年10月1日10面]

 西日本高速道路関西支社は9月30日、技術選抜見積もり方式を初めて適用する「新名神高速道路枚方トンネル工事」の公募型指名競争入札(WTO対象)を公告した。12月13日まで参加表明を受け付けた後、入札に参加する2者(原則)を選定。2020年2月7日~7月10日に技術的対話を実施し、同7月10日まで技術提案を求める。入札書の提出期限は同9月7日、同9月8日に開札する。
 技術選抜見積もり方式は、参加...続きを読む

成田空港会社/C滑走路新設・B滑走路延伸など機能強化事業/環境アセス書を縦覧 [2019年9月27日4面]

 成田国際空港会社は26日、成田空港(千葉県成田市)の機能強化に関する環境影響評価(環境アセス)書の公告・縦覧を27日から開始すると発表した。C滑走路(3500メートル)の新設、B滑走路(2500メートル)の北側延伸(1000メートル)などを計画している。縦覧は10月28日まで。成田空港会社は評価書に盛り込んだ環境保全措置の具体化を検討。同社の事業展開を巡る基本計画を国が変更するのを待って、機能強...続きを読む

九州電力/植物工場建設(福岡県豊前市)事業化検討で3社と合意/世界最大級 [2019年9月27日19面]

 九州電力は、同社豊前発電所(福岡県豊前市)の遊休地を活用した世界最大級の植物工場=完成イメージ=の建設検討に着手すると発表した。2020年3月をめどに事業化を判断し、21年度前半の着工、22年度後半の操業開始を目指す。
 九電工、東京センチュリー(東京都)、スプレッド(京都市)の3社と事業化に向けた検討を開始することで20日に合意した。
 次世代植物工場は1日当たりのレタスの生産能力5トンを...続きを読む
1 2 3 4 5 150