工事・計画

那覇市立病院/新病院棟整備/延べ3・6万平米超、19年度に基本設計着手 [2019年4月26日9面]

 那覇市立病院(古島)は、現病院の老朽化や耐震性能不足などに伴う現在地建て替えとして計画している新病院の設計に2019年度に着手する。今後、市と協議し設計者の選定方法などを詰め、6月以降に基本設計の業務委託手続きに入る見通し。選定方法は公募型プロポーザルなどを検討する。19年度に基本設計、20年度に実施設計をそれぞれ進め、21年度の着工を目指す。
 同病院は地方独立行政法人のため、建て替え事業費...続きを読む

北海道/赤れんが庁舎改修WTO入札公告/DB方式、5月21日まで参加受付 [2019年4月25日6面]

 北海道は23日、「北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)改修事業」の一般競争入札(WTO対象)を公告した。設計と施工を一括発注するデザインビルド(DB)方式を採用し、落札者の決定には高度技術提案型総合評価方式を試行する。参加資格は建設企業と設計企業による企業連合(コンソーシアム)。申請書などの提出は5月21日まで、技術提案書の提出は7月1日までそれぞれ受け付け、10月4日に開札する。
 札幌市中央区...続きを読む

石神井公園団地管理組合(東京都練馬区)/一括建替を決議/20年度の解体着手めざす [2019年4月25日4面]

 東京都練馬区の石神井公園団地管理組合(岡崎登理事長)は21日の臨時総会で、石神井公園団地の一括建て替えを決議した。8棟総延べ約7万平方メートル規模の共同住宅を建てる計画。設計、施工者は未定。年度内の建替組合設立認可を経て、20年度の解体工事の着手を目指す。管理組合には事業協力者として東京建物と旭化成不動産レジデンス、URリンケージの3社、コンサルタントとして都市設計連合、NEXT ARCHITE...続きを読む

スポーツ振興センター/五輪後の新国立競技場運営で民間事業者の意向調査実施へ [2019年4月24日4面]

 日本スポーツ振興センター(JSC)は、2020年東京五輪・パラリンピック閉幕後にコンセッション(公共施設等運営権)方式の導入を含む民間事業化を検討している新国立競技場について、マーケットサウンディング(民間事業者の意向調査)を実施する。民間事業者からの申請書類(関心表明書と守秘義務順守誓約書)を5月27日まで受け付ける。
 JSCは23日、「国立競技場特定運営事業等実施方針(素案)」を公表した...続きを読む

JR東日本/品川駅北周辺地区の都市計画が決定/20年ころ着工へ調整 [2019年4月23日1面]

 政府は、JR東日本グループが東京都港区で計画する「品川開発プロジェクト(第I期)」に関連し、品川駅北周辺地区の都市計画を決定(内閣総理大臣認定)した。同プロジェクトでは、JR品川駅北側の品川車両基地跡地などを1~4街区に分け、延べ約85万m2のオフィス、住宅、文化創造施設などを整備する。JR東日本は、開発に伴う全体のデザイン構想と4街区のデザインアーキテクトに米大手設計事務所のピカード・チルトン...続きを読む

西日本鉄道/福岡市に国際展示場・カンファレンスセンター整備計画/19年夏着工へ [2019年4月22日9面]

 西日本鉄道は、福岡市博多区にグループとして初となる西日本最大の民設コンベンション施設「博多国際展示場&カンファレンスセンター」=イメージ図=を建設すると発表した。規模はS造4階建て延べ約1万8000平方メートル。分割できる約3000平方メートルのホール2室と15の会議室を備える。2019年夏に着工し21年春の開業を予定している。設計は傳設計(福岡市東区)が担当。
 建設地は博多区東光2の275...続きを読む

愛知県岡崎市/コンベンション施設整備/民活導入、6月ごろ実施方針公表へ [2019年4月19日8面]

 愛知県岡崎市は、ホテルや多目的ホールなどで構成するコンベンション施設等の整備基本計画をまとめた。市の中心部を流れる乙川周辺の活性化を図るため、民間活力を導入して整備する。実施方針を6月ごろ公表し、今秋にも事業者募集を開始する予定。開業は2023年春を目指す。
 計画によると、事業用地は、同市明大寺町1の乙川左岸堤防に面した7695平方メートルと市道を挟んだ南側の1013平方メートル。児童厚生・...続きを読む

千葉ジェッツ/新アリーナ建設プロジェクト始動/1万人規模のエンタメ施設に [2019年4月18日4面]

 プロバスケットボールチーム・千葉ジェッツを運営する千葉ジェッツふなばし(千葉県船橋市、島田慎二社長)は、1万人規模の新アリーナの建設を目指すプロジェクトを始動させた。建設地や詳細な施設規模、事業スケジュールは今後検討するものの、同社が所有・運営する方向で整備計画を詰める。エンターテインメントとして試合を提供するための仕様とする一方、試合開催以外の用途に対応できるようにする。
 千葉ジェッツは、...続きを読む

熊本市/本庁舎あり方検討支援業務プロポ公告/5月14日まで参加受付 [2019年4月17日11面]

 熊本市は、耐震性能不足に伴い建て替えを計画している本庁舎(中央区手取本町)の整備手法の検討などの支援を行う「本庁舎のあり方検討支援業務委託」の公募型プロポーザルを公告した。参加表明書と提案書の提出期限は5月14日。同22日にプレゼンテーション・ヒアリングを実施し、契約候補者を選定する。
 参加資格は2004年度以降に国や地方自治体から直接受注し国内で完了した庁舎整備に関する基本構想か基本計画の...続きを読む

関東整備局/横浜湘南道路トンネル2/西松建設JVと随契 [2019年4月17日5面]

 関東地方整備局は、「横浜湘南道路トンネル(その2)工事」の施工者を西松建設・戸田建設・奥村組JVに決め、444億7440万円(税込み)で随意契約した。上り線の一部となる約2・4キロ分のシールドトンネルを施工する。工期は2021年3月31日まで。契約締結日は3月14日。予定価格は444億8004万8400円(同)だった。
 関東整備局は14年度、初弾の「横浜湘南道路トンネル工事」を設計と一部区間...続きを読む

野村不/Landport青梅iii(東京都青梅市)/錢高組で7月着工 [2019年4月17日4面]

 野村不動産は、東京都青梅市で計画する大規模物流施設「(仮称)Landport青梅iii」の施工者を錢高組に決めた。同社は設計も担当。マルチテナント型物流施設の汎用性を持ちながら入居企業の業種を絞り、求められる床加重などのスペックを備える「カテゴリーマルチ型」の物流施設となる。入居企業は明らかにしていない。7月に着工し、2021年2月末の竣工を目指す。
 Landport青梅iiiの建設地は、約...続きを読む

京都市上下水道局/南部拠点整備でPFI実施方針公表/BTO方式、5月に入札公告 [2019年4月16日8面]

 京都市上下水道局は15日、「京都市上下水道局南部拠点整備事業」について、PFI法に基づく実施方針・要求水準書(案)を公表した。南区上鳥羽の同局敷地に新庁舎を整備し、本庁舎と市内南部に点在する事業所を集約する計画で、事業方式はBTO(建設・移管・運営)、事業期間は12月~2039年3月の19年3カ月。今後は5月に入札を公告し、10月に落札者を決める予定だ。PFI手法アドバイザリー業務は三菱UFJリ...続きを読む

熊本県宇土市/新庁舎基本設計案/延べ7400平米、19年度に本体工事入札公告 [2019年4月16日9面]

 熊本県宇土市は、熊本地震で被災した市庁舎の現在地建て替えとして計画している新庁舎の建設基本設計案=イメージ図=を公表した。建物規模はRC造4階建て延べ約7400平方メートル。大地震の被災直後でも防災拠点として機能できるよう免震構造を採用し、災害対策活動拠点となる多目的広場を最大限確保する。2019年度後半の補正予算に工事費を計上し、早ければ本年度中に本体工事の入札公告を行う見通し。設計は久米設計...続きを読む

中野二丁目地区再開発(東京都中野区)/特定業務代行者に西松建設/組合 [2019年4月16日4面]

 東京都中野区の中野二丁目地区市街地再開発組合は、特定業務代行者に西松建設を選定した。総延べ約9万6200平方メートルの再開発ビルの施工や保留床の処分などを担う。組合は今後、権利変換計画認可の取得を目指し、合意形成を進める。総事業費は約633億円を見込む。
 計画地はJR中野駅南口の駅前広場に隣接する中野区中野2(地区面積1ヘクタール)。2018年7月の本組合設立認可時の計画によると、再開発ビル...続きを読む

静岡県伊豆の国市/公共下水道整備にPPP導入/実施方針案公表、7月から事業者募集 [2019年4月12日8面]

 静岡県伊豆の国市は11日、PPP手法を導入する「江間地区ほか公共下水道整備事業」の実施方針案を公表した。民間の技術力や企画力を活用して汚水管渠やマンホールポンプなどを整備し、下水道未普及地域の早期解消を図る。設計・施工一括(DB)方式による公募型プロポーザルで、7月1日に募集要項を公表する予定。12月に事業者を決定し、5年間で整備を進める。
 市は2016年度に策定した汚水処理施設整備構想で、...続きを読む