工事・計画

板橋駅西口地区再開発(東京都板橋区)/基本設計、アール・アイ・エーに/準備組合 [2019年7月12日4面]

 東京都板橋区の板橋駅西口地区市街地再開発準備組合が事業実現に向けた動きを活発化している。再開発事業で建設する総延べ約4・5万平方メートルの建築物の基本設計業務をアール・アイ・エーに委託した。今後は年度内の本組合設立認可取得に向け、合意形成などを推進する。
 4月12日に建築物基本設計業務を含む6件の指名競争入札を公告し、落札者を▽公共施設基本設計業務=上野計画事務所▽土地現況測量業務=小川総合...続きを読む

長野県青木村/五島慶太未来創造館整備基本計画策定/20年4月開館めざし10月着工 [2019年7月11日5面]

 長野県青木村は「五島慶太未来創造館(仮称)整備基本計画」をまとめた。建設工事を指名競争入札で発注し、9月に落札者を決める予定。村議会での契約議案承認後、10月の着工を計画する。2020年3月の竣工、同4月の開館を目指す。基本計画策定関連業務と基本・実施設計はKRC(長野市)が担当した。
 整備予定地は田沢で、村の中心部に位置する。青木村図書館と青木村歴史民俗資料館をつなぐ渡り廊下の南側敷地に建...続きを読む

住友商事/秋田日本海沖風力発電計画/アセス配慮書の縦覧開始、総出力54万kW想定 [2019年7月11日6面]

 住友商事は9日、秋田県能代市と三種町、男鹿市の沖合で計画している「洋上風力発電所」について、環境影響評価法に基づく計画段階配慮書の縦覧を開始した。期間は8月8日までの1カ月間。能代市、男鹿市、三種町、八峰町の各担当窓口と同社のホームページでも公開している。
 計画によると、能代市と男鹿市、三種町にまたがる日本海沖のエリア(約4525ヘクタール)に、単機出力9500~1万2000キロワット級のプ...続きを読む

渋谷二丁目17地区再開発(東京都渋谷区)/延べ4万平米複合ビルを建設/準備組合 [2019年7月10日4面]

 東京都渋谷区の渋谷二丁目17地区市街地再開発準備組合が計画する第1種市街地再開発事業の全容が9日までに明らかになった。約300億円を投じ、渋谷ヒカリエの隣接地に高さ約120メートル、延べ4・4万平方メートルの事務所を主体とした複合ビルを整備する。2020年10月の着工、24年5月の竣工を目指している。
 準備組合は本組合の設立認可を申請している。計画地は渋谷2の17ほか。複数の鉄道が乗り入れる...続きを読む

宮崎県延岡市/野口遵記念館基本設計案/延べ4200平米、20年度着工予定 [2019年7月10日9面]

 ◇外観は武家屋敷の門と灯籠をイメージ
 宮崎県延岡市は、新たな文化施設「野口遵記念館」の基本設計案=イメージ図=を公表した。規模はRC一部S造4階建て延べ約4200平方メートル。メインのホールは座席数671席。武家屋敷入り口の「京口門」や盆納め行事「流れ灌頂(かんじょう)」の灯籠(とうろう)をイメージした外観デザインとし、地元産木材を積極的に使用する。設計担当は香山壽夫建築研究所・小嶋凌衛建築...続きを読む

愛知県豊橋市/新学校給食共同調理場整備等/メフォスグループに [2019年7月10日7面]

 愛知県豊橋市は9日、PFI方式を採用する「豊橋市新学校給食共同調理場(仮称)整備等事業」の総合評価一般競争入札の結果を明らかにした。落札者はメフォスを代表とする企業グループ。落札額は105億6369億0233万円。同グループの構成企業は、メフォスと徳倉建設、オーテック、花田工務店、管財、トーエネック、アイホー、愛知県東部貨物運送事業協同組合。協力企業として綜企画設計と百五総合研究所が参画する。
...続きを読む

大阪府豊中市/中央図書館基本構想検討支援業務/図書館総研に [2019年7月10日8面]

 大阪府豊中市は「(仮称)中央図書館基本構想検討支援業務委託」の公募型プロポーザルで図書館総合研究所(東京都文京区)を選定した。同社の提案について選定委員会は「市の実情や市が同業務で求めている重要事項を的確に理解しており、提案内容は実現性が高いと見込まれる」と高く評価。プロポーザルには4者が参加した。完成後50年を経過する岡町図書館(岡町北3)の建て替えを視野に入れ、中央図書館機能構築と中央図書館...続きを読む

静岡市/大浜公園プール(駿河区西島)リニューアル/審議会が官民連携導入を答申 [2019年7月9日9面]

 学識者や市民らで構成する静岡市都市公園審議会(会長・小西敦静岡県立大学教授)は、大浜公園プールリニューアルの在り方に関する答申書を市に提出した。公園の魅力を向上するため約3・2ヘクタールの全域をリニューアルの対象とし、Park-PFIなどの官民連携手法を導入しプールのリニューアルと公園整備を一体的に進めることがふさわしいとした。今後のスケジュールは未定だが、答申を踏まえ市は市民意見なども取り入れ...続きを読む

垂水中央東地区再開発(神戸市垂水区)/20年度に本組合発足へ/準備組合 [2019年7月9日10面]

 垂水中央地区再開発準備組合(神戸市垂水区)がJR・山陽電鉄垂水駅北側の東エリアで計画している第1種市街地再開発事業が4日、神戸市の都市計画決定を受けた。事業では30階建ての再開発ビル1棟などを整備する。2020年度に本組合を設立し実施設計を進めた後、21年度の権利変換計画認可を経て本体建築工事に着手する。24年度の竣工を目指す。事業協力者は野村不動産、コンサルタントは都市設計連合がそれぞれ担当し...続きを読む

本四高速/鳴門管内橋梁耐震補強2WTO入札公告/7月22日まで参加受付 [2019年7月8日8面]

 本州四国連絡高速道路会社は5日、「鳴門管内橋梁耐震補強工事(その2)」の一般競争入札(WTO対象)を公告した。電子入札システムで22日まで資格確認申請書、8月2日まで見積書など、9月13~18日に入札書をそれぞれ受け付け、同19日に開札する。総合評価方式を適用する。見積もり価格を積算価格に反映する「見積活用方式」の対象工事で、地区ごとに共通仮設費と現場管理費を算出する「施工箇所が点在する工事積算...続きを読む

秋田県教育庁/能代地区専門系統合校施設整備/9月議会案件で建築発注へ [2019年7月8日6面]

 秋田県教育庁は、能代工業高校(能代市)と能代西高校(同)を再編し、能代工高敷地内に新設する「能代地区専門系統合校」について、9月議会案件として教室・管理棟と実習棟の建築工事をそれぞれ発注する意向だ。早ければ月内に一般競争入札を公告する見通し。電気と機械設備工事は分離し、8月以降に手続きを進める。2021年4月の開校を予定。
 計画によると、統合校は現能代工高の敷地5万0978平方メートルに新設...続きを読む

北九州市/門司港地域複合公共施設新築基本設計プロポ公告/7月17日まで参加受付 [2019年7月8日9面]

 北九州市は5日、「門司港地域複合公共施設新築工事基本設計業務」の簡易公募型プロポーザルを公告した。参加表明書の提出期限は17日。1次審査で原則5者を選定し19日に技術提案書の提出を要請、8月6日まで技術提案書を受け付ける。同20日に2次審査のプレゼンテーション・ヒアリングを行い最優秀者を選定し同21日に審査結果を通知、10月上旬に随意契約を結び業務委託する。
 資格要件は1級建築士事務所の2者...続きを読む

JR東日本/再生可能エネルギーの開発・活用推進/鉄道事業のCO2排出削減急ぐ [2019年7月8日4面]

 JR東日本は再生可能エネルギーの開発・活用を強化する。グループのJR東日本エネルギー開発が取り組む風力発電を核に、太陽光や地熱などのエネルギー開発を推進。単独・共同事業や出資案件などで調査・開発中の再生可能エネルギーは計1000メガワット以上に達するという。二酸化炭素(CO2)を排出しない電力として扱える「非化石証書」も活用し、鉄道事業のCO2排出の削減を急ぐ。
 他社との共同事業や出資案件を...続きを読む

東急電鉄ら/渋谷スクランブルスクエア第I期(東京都渋谷区)/11月1日開業 [2019年7月8日4面]

 東京急行電鉄とJR東日本、東京メトロの3社が建設している複合施設「渋谷スクランブルスクエア第I期(東棟)」の開業日が11月1日に決まった。212店舗が入る商業施設をはじめ、イノベーションを促す産業交流施設や最上階でパノラマビューが楽しめる展望施設などが設けられる。
 建設地は東急東横線旧渋谷駅駅舎跡地などを含む渋谷区渋谷2の24の12。建物は地下7階地上47階建て延べ18万1000平方メートル...続きを読む

東京・中野区/中野駅新北口駅前エリア再整備/集客交流施設は最大7000人程度に [2019年7月5日4面]

 東京・中野区はJR中野駅の北側で計画する「中野駅新北口駅前エリア」の再整備で、事業計画策定に向けた「基本的な考え方」をまとめた。「集客交流施設」の中核を担うアリーナは十分な公共広場を設けるため、最大7000人程度を収容する施設規模が有利とする方針を示した。9月に事業計画の素案、12月に案をまとめ、2020年1月に決定する。
 同エリア(区域面積約5ヘクタール)には、中野サンプラザ(中野4の1の...続きを読む